CSR情報 Social Activities

環境活動

トヨタ紡織は、グループ一丸となってグローバルに地球環境保全を推進し、環境に配慮した開発・設計、生産、物流で環境負荷低減に取り組むとともに、環境技術の可能性を追求することにより、クリーンで快適な製品を創造し、持続可能な社会の実現に向けて貢献しています。

  • トヨタ紡織地球環境憲章

    トヨタ紡織グループは、トヨタ紡織地球環境憲章に基づき、グループ一丸となって、持続可能な社会の実現に向け、地球環境保護に貢献しています。

  • トヨタ紡織生物多様性基本方針

    生物多様性の保全と持続可能な利用は、気候変動対策(地球温暖化防止)とともに、地球規模で取り組むべき重要な環境課題です。

  • 2050年環境ビジョンと2020年環境取り組みプラン

    すべてのステークホルダーのみなさまと一致団結して、子どもたちが笑顔で暮らせる持続可能な地球環境を目指します。

  • 環境活動の報告

    2020年取り組みプランの2017年活動の目標に対する実績を評価しています。

  • 環境データ

    トヨタ紡織の世界各地域・事業所・工場について、CO2排出量や廃棄物量、工場廃水の水質などの環境データを紹介しています。

  • CO2排出量ゼロにチャレンジ

    「2050年までに工場のCO2排出量ゼロ」にチャレンジ。革新的生産技術開発、製品・材料技術開発、工場改善、再生可能エネルギー・次世代エネルギーの活用でCO2を大幅に削減します。

  • ライフサイクルCO2排出量ゼロにチャレンジ

    トヨタ紡織の自動車部品製造時に排出されるCO2削減だけでなく、材料・部品製造や製品使用、廃棄・リサイクルの段階までのライフサイクルで将来的に「CO2排出量ゼロ」にチャレンジします。

  • 水リサイクル化による排出ゼロにチャレンジ

    生産工程で発生する排水の再利用や水を使用しない工程づくりを進め、排水ゼロを目指し、給水には雨水などを利用することで水使用量の低減を図ります。さらに、独自のフィルトレーション技術を使った冷却循環水の浄化システムにより、省エネに貢献していきます。

  • 天然資源使用量ミニマム化にチャレンジ

    易解体性・リサイクル設計の推進やリサイクル技術開発による材料循環、植物由来材料などの活用を通じた材料置換を進め、化石燃料資源・鉱物資源の枯渇抑制に貢献します。

  • 廃棄物ミニマム化にチャレンジ

    製品不良率の低減や部品のリサイクル率向上など、各工場の廃棄物低減活動を現地で確認し、優れた活動は他工場に横展開。また、材料ロス率低減を実現する設計・生産準備にも取り組んでいます。

  • 森づくり活動 132万本植樹にチャレンジ

    「トヨタ紡織生物多様性基本方針」に基づき、森づくりを重点に生物多様性保全に取り組んでいます。2015年より、トヨタグループの活動である「グリーンウェーブプロジェクト」に参画し、活動の輪をグループ会社、地域、行政などにも広げ、森づくりを推進しています。

  • 環境マネジメント

    トヨタ紡織グループは、トヨタ紡織地球環境憲章に基づき、「2050年環境ビジョン」、「2020年環境取り組みプラン」を受け、グループが一致団結して、持続可能な社会の実現に向け、地球環境保全活動を推進しています。

トヨタ紡織レポート

アニュアルレポートと環境社会報告書を、1冊にまとめた「トヨタ紡織レポート」をご覧いただけます。

トヨタ紡織レポート 2018(2018年3月期) (PDF:11,243KB)

Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧になるには、
アドビシステムズ社のAcrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、ボタンをクリックしてダウンロードして下さい。