Region and Language

Region and Language

ケナフ発泡基材

一年草植物「ケナフ」を活用した製品開発でカーボンニュートラルの実現に貢献

当社は一年草植物「ケナフ」を活用した自動車内装部品を開発、生産してきました。従来の樹脂材料から発泡剤が入ったケナフボードに置き換える事で軽量化を可能とし、CO2排出量を低減させる事ができ、これによりカーボンニュートラルの実現に貢献しています。

ケナフの詳細は「天然資源使用量ミニマム化にチャレンジ」をご参照ください。

軽量ケナフ基材

主な採用車種

主な採用車種
ケナフを使用したドアトリムはレクサスLSに採用されています
一年草植物「ケナフ」
一年草植物「ケナフ」

当社の強み

当社では2000年にケナフ繊維を用いたドアトリム基材が初めて自動車内装部品に採用されて以降、ケナフ素材の製品化に対する見識を深め、ノウハウを蓄積。そのノウハウを応用して軽量なケナフ発泡基材の開発を行い、プレス成形同時インジェクション技術など生産工程の効率化により、競争力のあるケナフ製品を生み出すことに成功し採用車種の拡大を進めています。

プレス成形同時インジェクション技術の詳細はこちら

世の中への貢献

当社では、他社に先駆け、製品にCO2循環可能な植物由来材料としてケナフの活用を進めるなど、資源循環に貢献できる原料の導入や開発を推進しています。また、生産段階における廃棄物の発生抑制や水使用量の低減をグループ一体となって進めるなど、循環型社会の構築に向けた活動を積極的に進めています。