Company 企業情報

沿革

1918(大正7)年 1月 豊田紡織(株)設立(資本金500円、社長豊田佐吉)
1923(大正12)年 11月 碧海郡刈谷町に刈谷試験工場(現刈谷工場)を新設
1935(昭和10)年 10月 豊田綱領制定
1942(昭和17)年 3月 中央紡織(株)、豊田押切紡織(株)、内海紡織(株)、協和紡績(株)と5社で合併し、中央紡績(株)設立
1943(昭和18)年 11月 中央紡績がトヨタ自動車工業(株)に合併
  豊田紡織 アラコ タカニチ
1947(昭和22)年     「荒川鈑金工業株式会社」として設立
ボディ生産を開始し、のちに内装品事業に進出
 
1950(昭和25)年 5月 トヨタ自動車工業から分離し、民成紡績(株)設立(資本金1億5,000万円、社長吉川十四男)    
8月 名証一部に上場    
1960(昭和35)年       「髙島屋日発工業株式会社」として設立
内装品を手がける
1967(昭和42)年 8月 社名を豊田紡織(株)に変更    
1972(昭和48)年 2月 イグニッションコイルを皮切りに、自動車用シートファブリックなど自動車部品へ進出    
2000(平成12)年 3月 東証一部に上場    
10月 豊田化工(株)と合併    
  トヨタ紡織株式会社
2005(平成17)年 1月 フランスでバンパーを生産するトヨタ紡織フランスを設立
4月 中国でフィルター・パワートレーン機器部品を生産する佛山豊田紡織汽車零部件を設立
6月 アジア・オセアニア地域の統括会社として、トヨタ紡織アジアが事業開始(設立は2001年6月)
7月 北中南米地域の統括会社として、トヨタ紡織アメリカが事業開始(設立は2001年5月)
ヨーロッパ地域の統括会社として、トヨタ紡織ヨーロッパを設立
南アフリカでシートおよび内装品を生産するトヨタ紡織南アフリカを設立
11月 中国でシート用プレス部品を生産する天津豊愛汽車座椅部件を設立
2006(平成18)年 3月 「2010年環境取り組みプラン」発表
4月 ロシアでシートを生産するトヨタ紡織ロシアを設立
6月 本並 正直社長、代表取締役社長を退任
豊田 周平副社長、代表取締役社長に就任
7月 カナダでシートおよび内装品を生産するトヨタ紡織カナダを設立
9月 フィルター・パワートレーン機器部品、内外装部品を生産するトヨタ紡織滋賀を設立
2007(平成19)年 8月 ブラジルでシート、ドアトリムおよびフィルター・パワートレーン機器部品を生産するトヨタ紡織ブラジルを設立
アメリカでシートおよび内装品を生産するトヨタ紡織ミシシッピを設立
11月 アメリカでシートフレーム、シートウレタンを生産するトヨタ紡織インディアナを設立
12月 中国地域の統括会社として、豊田紡織(中国)が事業開始(設立は2002年3月)
内装品を生産するコベルクを子会社化
2008(平成20)年 2月 ユニフォームの企画・販売を行うトヨタ紡織ユニフォーム(現 TBユニファッション)を設立
6月 好川 純一会長、代表取締役会長を退任
トヨタ自動車(株) 浦西 德一副社長、代表取締役会長に就任
8月 技能系職場の核となる人材の育成を目的に、トヨタ紡織学園を設立
将来にわたる事業領域の創造と拡大をねらい、基礎研究所を設立
9月 アメリカでシートおよび内装品を生産するオートモーティブテクノロジーシステムズ(現 トヨタ紡織イリノイ)を設立
10月 トヨタ紡織グループ社員の人材育成・強化を目的としたグローバル研修センターを建設、運営開始
フランスでシートおよび内装品、フィルター・パワートレーン機器部品を生産するトヨタ紡織ソマンを設立
2009(平成21)年 1月 ポーランドでシート用プレス部品、シートカバーを生産するTBAIポーランド(現 トヨタ紡織ポーランド)を設立
8月 シート、ドアトリムを生産する富士裾野工場が生産開始
10月 関東シート製作所を子会社化し、トヨタ紡織東北に社名変更
12月 自動車用内装材を開発・生産する関連会社として、TBカワシマを設立
2010(平成22)年 6月 浦西 德一会長、代表取締役会長を退任
ダイハツ工業(株) 箕浦 輝幸社長、代表取締役会長に就任
9月 中国でシートおよび内装品を生産する長春富維豊田紡織汽車飾件を設立
2011(平成23)年 1月 シートを生産するトヨタ紡織東北・宮城工場が生産開始
3月 「2015年環境取り組みプラン」発表
6月 メキシコのシートカバー事業を集約し、TBソーテックメキシコを設立
7月 欧州部品メーカーより内装事業を取得し、紡織オートモーティブヨーロッパとして事業開始(2016年6月に売却)
7月 ポーランドで内装品を生産する紡織オートモーティブポーランドを設立(2016年6月に売却)
8月 アメリカでシートを生産するシステムズオートモーティブインテリアを設立(2016年6月に売却)
9月 欧州でのデザインスタジオとして、ミラノデザインブランチを設立
2012(平成24)年 4月 長期経営ビジョン「2020年Vision」、2015年までの中期経営計画を策定
箕浦 輝幸会長 代表取締役会長を退任し、相談役に就任
5月 チェコで内装品を生産する紡織オートモーティブチェコを設立(2016年6月に売却)
6月 トルコでシートカバーを生産するTBソーテックトルコを設立
2013(平成25)年 4月 鉄道車両用シートを初受注し、北陸新幹線「グランクラス」に採用
4月 ラオスでシートカバーを生産するトヨタ紡織ラオスを設立
6月 中国でシートおよび内装品を生産する瀋陽豊田紡織汽車部件を設立
7月 中国でシートカバーなどの内装品を生産する河源豊田紡織汽車部件を設立
11月 タイでシートカバーおよび内装品を生産する紡織オートモーティブ(タイランド)を設立
2014(平成26)年 3月 テストコース(多治見技術センター)が完成し、試験運用を開始
2015(平成27)年 4月 国内線普通席のシートをANAと共同開発。初めての航空機シート開発・製造を発表
6月 豊田 周平社長、代表取締役会長に就任
石井 克政副社長、代表取締役社長に就任
11月 アイシン精機(株)、シロキ工業(株)とシート骨格機構部品事業を集約
2016(平成28)年 4月 トヨタ紡織アメリカのR&Dセンターとしてシリコンバレーオフィスを設立
5月 「2050年環境ビジョン」発表
6月 欧州における事業再編。内装事業の一部売却と、メガテック紡織ヨーロッパを設立
11月 「2020中期経営実行計画」を策定