Region and Language

Region and Language

2020年度取り組みKPI 目標と実績

ステークホルダー KPI(社会的価値向上で最重要とするKPI)

(自己評価凡例  ○:目標達成、△:目標達成率80%~100%未満、×:未達成)

  ステークホルダー KPI 2020年度目標値 2020年度実績 評価
地域・国際社会
社会への還元 S
国・地域への持続的な納税の実施 全進出国での納税実施 実施
低炭素社会の構築環境保全 E
CO2排出量・CO2原単位低減率(t-CO2、t-CO2/台) 低減率2%/年 低減率2%/年
お客さま
革新的な技術開発 S
世界初の製品開発数 1件 2件
感動品質の提供/お客さま第一 S
JDパワー 米国シートIQS※1評価 2023年にSeat CQR※2 1位獲得
株主・投資家
株主への還元 G S
配当金支払いによる持続的な収益還元の実施(配当性向) 30% 34%
ROE 10%程度 7.0%
自己資本比率 40%程度 38.2%
社員
社員尊重 S
社員満足度(いきいきKPI) 「会社生活への満足度」
肯定回答率80%以上
71.5%
サプライヤー
公正・透明な取引 G S
仕入先満足度 不正な通報0件
(肯定回答率10%アップ)
不正な通報0件
(肯定回答率微増)

CSR KPI(社会的価値向上に貢献するKPI)

(自己評価凡例  ○:目標達成、△:目標達成率80%~100%未満、×:未達成)

  CSR KPI 2020年度目標値 2020年度実績 評価
地域・国際社会
コンプライアンス G
行動指針の実践度 90% 75.1%
機密管理 G
機密情報漏洩件数 発生0件 0件
法令遵守 G
贈収賄違反件数 発生0件 0件
公正・透明な取引 G
独占禁止法違反件数 発生0件 0件
環境保全 E
環境異常・苦情※3 発生件数 異常・苦情0件 異常1件 ×
廃棄物原単位低減率(t/台) 低減率1%/年 低減率1.1%/年
水使用原単位低減率(m³/台) 低減率0.5%/年 低減率0.6%/年
森づくり活動植樹本数 5万4,000本/年 5万6,349本/年
社会貢献 S
社会貢献活動参加人数(日本) 延べ7,200人/年 延べ585人/年 ×
お客さま
お客さま第一 S
客先からの外部表彰 トヨタ自動車(株)の主要3賞で優秀賞を複数受賞 1件
株主・投資家
適時適正な情報開示 G S
適時・適正な情報開示の遵守 適時開示遵守率100% 100%
投資家との対話 5回/年 5回
個人投資家への公平な情報提供 4回/年 3回 ×
社員
社員尊重 S
女性管理職数 27人 24人
障がい者雇用率 雇用率2.3%以上 2.33%
在籍3年未満の離職率 2.5%未満 2.62%(21人)
有給休暇取得促進 組合員:
14日/年 未満取得者 ゼロ
71人
管理職:
6日/年 未満取得者 ゼロ
35人
時間外労働時間
(組合員 660h/年)
660h/年
超過者ゼロ
0人
時間外労働時間
(組合員 3か月連続65h)
3か月連続65h
超過者ゼロ
0人
安全・健康 S
社員の重大災害発生件数
(社員・派遣社員・期間社員)
重大災害0件 重大災害0件
法定健診・自主健診の受診率・実施率 日本地域健診受診率100% 100%
日本以外の地域健診実施率100% 100%
生活習慣病予防
BMI25以上の社員比率
30.0%以下 30.6%
生活習慣病予防
喫煙率
33.1%以下 31.7%
ストレスチェック実施率 100% 100%
サプライヤー
公正・透明な取引 G S
仕入先CSR説明会の開催 2025年環境取り組みプラン展開、事例紹介 トヨタ紡織および仕入先の取り組み内容紹介
仕入先セルフアセスメントの実施 自己評価50点未満ゼロ 自己評価50点未満4社
トヨタ紡織社内(調達および下請法に関わる部署)の購買倫理セルフチェックと内部監査の実施 重大な違反0件 重大な違反0件
安全 S
外来工事業者・外来者の重大災害件数 重大災害0件 重大災害0件

G ガバナンス S 社会 E 環境

  • Initial Quality Study : 購入初期段階のユーザーを対象に購入車両の不具合内容を聴取する、お客さま視点の初期品質調査
  • Seat Component Quality Report:IQSとAPEAL(Automotive Performance, Execution And Layout : 自動車商品魅力度)のシートカテゴリーデータ、シート・シートベルトサプライヤー情報を集約したレポート
  • 異常 : 法律・条例・協定の基準値を超えた場合、公共水域へ油などを流出させた場合
    苦情:周辺住民・行政などから連絡があり、自社に原因があって、かつ物理的被害、精神的影響がある場合