カテゴリー別環境データ

GHG排出量(Scope1、2)

トヨタ紡織グループ

グラフ:CO2排出量[トヨタ紡織グループ]
  • 2022年度より、川島汽車部件江蘇を新たに集計対象範囲に含めています。同社のGHG排出量は、会社別環境データをご参照ください
  • 2022年度より、6.5ガス(エネルギー起源CO2以外)、およびトヨタ紡織グループが所有する車両の燃料起源CO2排出量を含めて算定しています
  • 2022年度は、再生可能エネルギーの導入拡大及び海外の排出係数の変更(前年度まで継続使用した2013年にIEAが公表した各国の2000年の係数を、2022年に公表した2020年の係数に変更)したため、前年度から大幅にGHG排出量が減少しています

トヨタ紡織

グラフ:CO2排出量[トヨタ紡織]
  • 2022年度より、6.5ガス(エネルギー起源CO2以外)、およびトヨタ紡織が所有する車両の燃料起源CO2排出量を含めて算定しています
  • 2022年度は、再生可能エネルギーの導入拡大により、前年度から大幅にGHG排出量が減少しています

日本地域(トヨタ紡織除く)

グラフ:CO2排出量[日本地域(トヨタ紡織除く)]

米州地域

グラフ:CO2排出量[米州地域]

アジア・オセアニア地域

グラフ:CO2排出量[アジア・オセアニア地域]

中国地域

グラフ:CO2排出量[中国地域]

欧州・アフリカ地域

グラフ:CO2排出量[欧州・アフリカ地域]

保証マーク▶保証マークGHG排出量および原単位の開示データについて、第三者保証を受けたものには保証マークを表示(詳しくはこちらを参照)

工場GHGネットゼロ

廃棄物排出量

トヨタ紡織グループ

  • 建設業の子会社が排出した建設廃棄物の量は含んでおりません
グラフ:廃棄物排出量[トヨタ紡織グループ]
  • 逆有償リサイクル:費用を支払いリサイクルするもの
  • 2022年度より、川島汽車部件江蘇を新たに集計対象範囲に含めています。同社の廃棄物排出量は、会社別環境データをご参照ください

トヨタ紡織

グラフ:廃棄物排出量[トヨタ紡織]

日本地域(トヨタ紡織除く)

  • 建設業の子会社が排出した建設廃棄物の量は含んでおりません
グラフ:廃棄物排出量[日本地域(トヨタ紡織除く)]

米州地域

グラフ:廃棄物排出量[米州地域]

アジア・オセアニア地域

グラフ:廃棄物排出量[アジア・オセアニア地域]

中国地域

グラフ:廃棄物排出量[中国地域]

欧州・アフリカ地域

グラフ:廃棄物排出量[欧州・アフリカ地域]

保証マーク▶保証マーク廃棄物および原単位の開示データについて、第三者保証を受けたものには保証マークを表示(詳しくはこちらを参照)

廃棄物ミニマム化

水使用量

トヨタ紡織グループ

グラフ:水使用量[トヨタ紡織グループ]
  • 2022年度より、川島汽車部件江蘇を新たに集計対象範囲に含めています。同社の水使用量は、会社別環境データをご参照ください

トヨタ紡織

グラフ:水使用量[トヨタ紡織]

日本地域(トヨタ紡織除く)

グラフ:水使用量[日本地域(トヨタ紡織除く)]

米州地域

グラフ:水使用量[米州地域]

アジア・オセアニア地域

グラフ:水使用量[アジア・オセアニア地域]

中国地域

グラフ:水使用量[中国地域]

欧州・アフリカ地域

グラフ:水使用量[欧州・アフリカ地域]

保証マーク▶保証マーク水使用量および原単位の開示データについて、第三者保証を受けたものには保証マークを表示(詳しくはこちらを参照)

水資源インパクトミニマム化

化学物質排出量

トヨタ紡織 PRTR法対象物質排出量

グラフ:化学物質排出量[トヨタ紡織 PRTR法対象物質排出量]

トヨタ紡織 VOC排出量

グラフ:化学物質排出量[トヨタ紡織 VOC排出量]

大気汚染物質排出量

トヨタ紡織

グラフ:大気汚染物質排出量[トヨタ紡織]
  • SOx排出量は、0.05t未満なので0と表記しています

【算定基準】

・GHG排出量

電気のCO2換算係数は、日本地域は環境省「電気事業者別排出係数(特定排出者の温室効果ガス排出量算定用)-R3年度実績-」に記載の電気事業者ごとの調整後排出係数、それ以外の地域の電気はIEAの「Emissions Factors 2022」に基づいて算出しています。その他の燃料、ガスは、環境省:「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧」に基づいて算出しています。

・水使用量

各事業体で使用した工業用水、地下水、上水道の水使用量総量

・廃棄物排出量

各事業体から社外へ排出した直接埋立廃棄物、焼却廃棄物、社外逆有償リサイクルの総量

【報告対象の範囲】

  • トヨタ紡織:15拠点
  • ⽇本関係会社:⽣産会社8社、その他6社
  • ⽶州地域:地域統括会社1社、⽣産拠点11社
  • 中国地域:地域統括会社1社、⽣産拠点14社
  • アジア・オセアニア地域:地域統括会社1社、⽣産拠点12社
  • 欧州・アフリカ地域:地域統括会社1社、⽣産拠点8社
  • 2022年度より、川島汽車部件江蘇を新たに集計対象範囲に含めています