Region and Language

Region and Language

ダイバーシティ&インクルージョン

基本姿勢

多様なキャリアや働き方(主体的選択)を尊重し、国籍や年齢、性別、心身の障がいによらず、その多様性を受容して、それぞれの活躍・貢献に報いる制度、誰もがチャレンジ・活躍できる制度と環境整備を進めています。

ワークライフバランス

技能系職場では、育児をする社員が働きやすいラインの導入、事務技術系職場では、フレックスタイムのコアレス化や、在宅勤務制度など、職場環境の整備を進めてきました。また、企業内託児所の設置や、トヨタグループ5社共同の託児所の運営、短時間勤務制度なども導入しています。柔軟なワークルールやオフィス・IT環境の整備をさらに進め、多様な人材がいきいきと働き、個人の能力を最大限発揮できるよう努めます。

育児休職制度・短時間勤務制度 利用者数の推移[トヨタ紡織]

年度 2016 2017 2018 2019 2020
育児休職制度(人) 169(6) 197(8) 178(8) 205(20) 196(19)
短時間勤務制度(人) 111 142 132 167 195(3)

  • ( )内は男性利用者数で内数、なお育児休職制度利用者の復職率は100%です。

女性社員の活躍推進

キャリア形成やワークライフバランスに対する支援、本人と上司の意識改革などを通じて、やりがい・働きがいを感じ、働き続けられるしくみや職場環境づくりに取り組んでいます。

技能系の女性活躍の取り組み

技能系職場の女性社員の声を施策に反映し、よりいきいきと働ける職場とするための取り組みを進めています。
2020年8月には交替勤務職場での常昼・常前直(常夜・常後直)勤務制度を導入、短時間勤務制度の対象も拡大しました。職場の困りごとや意見を、各工場と人事の間でも随時共有し、さらなる対策を講じていきます。

女性活躍推進ワーキンググループの活動

技能系ワーキンググループ

技能系職場の女性が長く活躍できる職場をつくるため、2021年から女性技能職主体の「LADY GO!ワーキング」を立ち上げました。女性技能職自ら職場の困りごとや意見を吸い上げ、提言を通じ、働く環境の改善につなげることをねらいとして活動をしています。

写真:打ち合わせを行い、改善を実施しています
打ち合わせを行い、改善を実施しています

事務技術系ワーキンググループ

女性社員の声を施策に反映し、「働きがいのある会社」にするために、2017年度から「かがやきワーキング」を立ち上げ、上司、女性向けのフォーラムの開催やキャリア形成支援などを行いました。

写真:2019年のワーキング活動の報告と会社への提言
2019年のワーキング活動の報告と会社への提言
ロゴ:事務技術系ワーキンググループ

重点育成対象者の登録と育成

女性社員が、より高い意欲を持って挑戦・活躍できるよう、一人ひとりの計画的な育成を早期から行うため、重点育成対象者を登録、個別育成計画を立案し、各職場で育成しています。

女性管理職数の推移[トヨタ紡織]

女性管理職数を2030年までに、2014年10月時点(13人)の5倍以上とすることを目標にしています。

年度 2016 2017 2018 2019 2020
女性管理職数(人) 16 17 20 23 24

障がい者雇用

トヨタ紡織では肢体不自由・聴覚・視覚・知的・精神など、さまざまな障がいを持った方が働きやすい職場環境づくりを推進しています。受け入れにあたっては、入社後の業務を円滑にするために特別支援学校と職場でのオリエンテーションを実施。また、行政機関が提供する職場適応援助者(ジョブコーチ)などのサービスも積極的に活用しています。

障がい者雇用率の推移[トヨタ紡織]

年度 2016 2017 2018 2019 2020
障がい者雇用率(%) 2.04 2.19 2.20 2.21 2.33

外国人の登用

事業のグローバル化の進展にともない、経営のグローバル化を推進し、海外現地社員の経営幹部への登用を積極的に進めています。また、日本からの出向者の最適配置を行い、現地社員の育成のための配置転換を促進しています。

日本以外の地域の幹部職ポストに占める現地社員の割合

  2018年4月 2019年4月 2020年4月 2021年4月
現地社員割合(%) 14 19 23 25

グローバルな視点での人材の採用と最適配置による活躍促進

日本以外の地域のグループ会社からのトレーニー(研修生)受け入れや、地域をまたぐ異動の活性化、世界各国の大学からインターンシップの受け入れや採用を積極的に実施し、多様な人材の活躍を促進しています。外国人人材が活躍できるよう、日本では社内マニュアルを英語化しているほか、日本語教育なども実施しています。

シニア層の活用

トヨタ紡織では、2004年に希望者を65歳まで再雇用する制度を導入しました。今までの経験を後進に伝え、定年後もスキルやノウハウを生かすことができる場を提供しています。

定年後の再雇用者数の推移[トヨタ紡織]

年度 2016 2017 2018 2019 2020
再雇用者数(人) 193 219 267 314 354

人にやさしい工程・環境づくり

障がいのある社員や女性、シニア層でも働きやすく、いきいきと活躍できる、人にやさしい工程設計、制度設計、環境整備、管理・監督者の教育などを推進しています。