Region and Language

Region and Language

トップメッセージ

写真:トップメッセージ

持続可能な成長を目指して

持続可能な成長を遂げていくためには、これまで以上に長期的な視点を持って「自分たちは何を目指すのか」という未来像を描き、あるべき未来からのバックキャスティングによって「今やるべきこと」を考えることが重要だと考えています。
私は、持続可能な成長(サステナブル・グロース)とは、本業を通じて社会課題の解決に本気で取り組むことで、「社会に必要とされ続ける企業」を目指していくことだと考えています。
そのためには従来のCSR(企業の社会的責任)の考え方を一歩進めて、「社会的価値」と「経済的価値」をともに追求していくCSV(共有価値の創造)の経営を実践していく必要があります。
こうした考えのもと、私たちは2020年11月に、「トヨタ紡織グループのマテリアリティ」を発表しました。これは「豊田綱領」を源流とする経営理念体系を踏まえたうえで、さまざまな社会課題の中から、トヨタ紡織が本業を通じて優先的に取り組む重要課題を特定し、解決する姿を5つのマテリアリティとして整理・明確化したものです。
世界中で加速しているカーボンニュートラルには、マテリアリティの中で環境負荷ミニマム化を目指し、対応していきます。また、DXの活用による経営基盤の強化も進めます。
私たちは、マテリアリティの解決を企業価値向上につなげ、「社会に必要とされ続ける企業」を目指します。これからもトヨタ紡織グループの挑戦に、ぜひご期待ください。

代表取締役社長

沼 毅