Region and Language

Region and Language

人材育成

基本姿勢

トヨタ紡織グループは、「世界各地域で社員がいきいきと働き、多様な人材がトヨタ紡織に魅力を感じて集まっている」という姿の実現を目指しています。すべての社員が会社を「One Team」と感じ、誇りと夢を持って働き、仕事が楽しい、と感じることができる職場づくりを推進。すべての社員とともに企業価値向上という目標に向かって成長していきます。

グローバル人材戦略

全世界に多くの拠点を展開するトヨタ紡織グループにとって、成長戦略を実現する人材を確保し、配置、育成するための人材戦略は最重要な経営課題の一つです。2025年度を見据えた「グローバル中期要員計画」に沿って、事務・技術系、技能系、高度な専門性を持つ人材などの要員確保、人材配置と成長戦略との適合などを図り、事業展開を支えています。
また管理職以上は、職能と職務を融合し、それぞれのメリットを生かしたグローバル共通の人事制度(Global HRプラットフォーム)を活用してグローバル最適配置を実現し、人材育成を促進することで、グローバルにおける組織力の最大化を図っていきます。

Global HRプラットフォームの適用対象

図:Global HRプラットフォームの適用対象

Global HRプラットフォーム

2020年度から職能と職務に基づき処遇するハイブリッド型に改めました。職責が大きいポジションを担う場合、職能資格によらず高い処遇が受けられ、若手社員の抜擢など適材適所の人材登用を容易にし、新たな経営課題への対応力を高めました。

グローバルな管理職数の推移

年度 2017 2018 2019 2020
Global HR Platform
適用者数(人)
1,301 1,353 1,377 1,381

  • 集計は翌年度の4月1日

適正な要員管理・組織づくり、人材育成

「トヨタ紡織グループの一人ひとりを育成し、能力を最大限に活用し、適正な組織・人員数で組織としての最大限の成果をあげる」。これらをねらったしくみの整備を2020年度まで行ってきました。特に、「適正な組織づくり」では、管理スパンガイドラインや組織テンプレートを用いて、日本以外の国や国内関係会社を含め、2020、2021年度の組織改定で組織の標準化と効率化を図りました。
2021年度は、これまでに整備した人材育成や登用、適正な組織づくりのしくみ、要員計画を継続・実行しながら、特に人材育成の面で次の2点に重点的に取り組みます。
一つ目に、業務分掌・能力マップ・育成計画の個々のレベルアップとつながりの強化により、業務遂行に必要な能力が、しっかりと育成されるプロセスの確立。
二つ目に、部長、直属上司が育成プランやその方法を考え抜き、チャレンジングな業務を与え、職場先輩と一緒に育成を実行すること。
これらにより、メンバー一人ひとりが成長し、能力を最大限に発揮できるOJT文化の醸成をしていきます。
さらに今後は、GSCT※1での議論を通じた幹部候補者の地域を超えた登用や、グローバル幹部教育プログラム(GEDP※2、 GLDP※3)による育成などを行い、ダイバーシティを推進します。

  • Global Succession Committee by Top Executives: CXO以上のメンバーによる経営幹部の後継者育成委員会
  • Global Executive Development Program:中堅幹部職クラスを対象とした選抜教育
  • Global Leader Development Program:基幹職から若手幹部職を対象とした選抜教育

技能系教育

技能育成センターでは、安全・品質・納期・原価を高いレベルで達成できる人材育成を目的に知識教育・実践教育を実施し、職場力向上と自律化をサポートしています。
2020年度も継続的な教育研修に取り組みましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大によって一部の知識教育をオンラインで開催するなど、ニューノーマルな形式で実施しました。例年開催している技能コンクールも中止することとなりましたが、社内からの要望の強かったコマ大戦を、2020年度は新春コマ大戦として実施しました。
また、技能修得制度の「安全・品質・TPS(トヨタ生産方式)・TPM※1」座学研修や聴覚障がいを持つ技能者を対象とした手話通訳付きの安全体感道場を実施。2020年度は、対面で実施する必要があるものとオンラインで実施可能なものを分別し対応しました。オンライン化の進展にともなって、グローバル展開も視野に入れ教育機会を拡充していきます。

  • Total Productive Maintenance : 全員参加の生産保全
図:技能系教育

技能検定合格者の推移(延べ人数)

グラフ:技能検定合格者の推移(延べ人数)

極めたものづくり技能

からくり

からくりとは現場にある困りごとや課題を、簡単なしくみを用いて、知恵と工夫で極力、人工エネルギーを使わず製作された装置です。当社では、からくり研修を実施し、からくり改善の風土を根付かせています。2020年度はオンラインで開催された「からくり改善®工夫展」に5事例を出展し、豊橋工場製造部が銀賞を受賞。8年連続の入賞となりました。
また、2020年度から、からくり留学制度を発足しました。技能育成部では、現場の改善向上に向けた支援として現地現物でからくり改善教育を実施。各工場から研修生を受け入れ、1年間のからくり留学を経て、自職場へ戻り、からくりを使った改善・アドバイス・職場を牽引できる、からくり改善の伝道師を育成しています。2020年度は3人が留学を終え、すでに伝道師として職場で活躍しており、2021年度も5人の留学生が教育を受けています。
からくりを使用することにより、設備のエネルギーが削減され、カーボンニュートラル実現に向けての環境負荷低減にも大きく寄与しています。

写真:からくりを学ぶ豊橋工場から来た留学生
からくりを学ぶ豊橋工場から来た留学生

工場別 技能研鑽会

教え教えられる職場風土をつくり、上司・先輩の技能を後進へ伝承しています。
2020年度は新型コロナウイルス感染症の拡大のため、毎年、開催していたオールトヨタ紡織技能コンクールが開催できませんでしたが、技能向上の機会を絶やさないため、工場単位で研鑽会を実施しました。中止になった技能コンクールの職種を参考に各工場で日程、職種を決定し、工場単位で開催しました。

写真:豊橋工場で開催した技能研鑽会
豊橋工場で開催した技能研鑽会

新春コマ大戦の開催

2019年から技能コンクールの種目として開催している「コマ大戦」を、2020年度はリモートで各拠点をつなぎ「新春コマ大戦」として開催しました。コマ大戦とは、参加者が自ら考え、創意と工夫を織り込みながらコマを設計・加工し、回転時間や耐久性を競う競技です。

<開催のねらい>

  1. 自ら考え、自己研鑽し、創意と工夫を織り込んだ設計による勝つための戦術
  2. 材料を高精度で切削し、加工製作する技能
  3. 一投に集中した、戦術通りに投げ込める精神力、体質の強化

強い管理・監督者の育成

管理・監督者研修のグローバル展開を進めるとともに、変わりゆくものづくり現場を反映した基本技能研修や保全教育を、各地域の拠点で実地教育できる環境整備を推進しています。

保全力の強化

機械系、電気系、金型保全など、短期の技能専門講座やニーズに合わせた教育を活用し、保全力の向上に取り組んでいます。2018年度にアメリカに保全道場をつくったことで、アメリカの保全力は着実に向上。今後もグローバルに保全力強化を進めていきます。

安全行動できる人材育成

「安全体感道場」に、実際の災害を教訓とした「高所作業体感装置」を2018年度に導入し、転落事故防止を図っています。危険感受性を高め労働災害ゼロを目指し、災害の未然防止を図っています。2012年度の開講から、関係会社や外来工事業者、日本以外の地域を含め、受講者総数は1万人を超えました。

トヨタ紡織学園

心身・技能・知識のバランスが取れグローバルに活躍できる「核となる若手技能人材育成」を推進しています。毎年、カナダでの研修や他学園との交流を実施するなど、さまざまな経験を通し、職場で活躍できる社員を育成。日本だけでなく日本以外の地域事業体の若手社員も学んでおり、オールトヨタ紡織の人材育成を行っています。

技能五輪全国大会で連続入賞

2020年11月、愛知県国際展示場で開催された第58回技能五輪全国大会でトヨタ紡織学園所属の8人が3職種に出場しメカトロニクス職種、機械製図職種の3人が入賞を果たしました。2016年から国際大会を含め5年連続で入賞を継続しています。

写真:メカトロニクス職種
メカトロニクス職種
写真:機械製図職種
機械製図職種

修了生の会「機紡の会」

トヨタ紡織学園設立5年目の2014年に、修了生の先輩後輩の縦のきずなと、学園時代に築いた横のきずなの醸成・相互扶助を目的に、「機紡きぼうの会」を設立しました。これにより、各職場のリーダー同士の連携が容易となり、会社へより貢献できるようになりました。機紡きぼうの会では、会員の自己啓発や、学園生の部活動の支援なども行っています。