Region and Language

Region and Language

価値創造プロセス

トヨタ紡織グループは、目指す企業像を示した「Vision」を実現するため、2020年にマテリアリティ(さまざまな社会課題の中から本業を通じて優先的に取り組む重要課題を特定し、解決する姿)と、それを達成するための実施事項である2025年中期経営計画を策定しました。基盤となるフィロソフィーや100年の歴史の中で培った強みを生かしながら、計画を実行していきます。

価値創造プロセス 価値創造プロセス

フィロソフィー

フィロソフィー

トヨタグループ創始者・豊田佐吉の考えをまとめた「豊田綱領」を社是とし、すべてのステークホルダーから信頼され続けるために「基本理念」を制定。
また、社員が共通の価値観や行動様式を共有できるように「トヨタ紡織グループ行動指針」「TB Way」を定めています。

フィロソフィー(企業情報)

3つの強み

3つの強み

「技術開発」「人づくり」「ものづくり」の3つを強みとしています。

トヨタ紡織グループの強み(企業情報)

2025年 中期経営計画

2020年経営計画の振り返りや現状分析によって洗い出した課題の解決と、マテリアリティを実現するための「2025年中期経営計画」を策定しました。

2025年 中期経営計画(企業情報)

マテリアリティ

2030年に向け、さまざまな社会課題の中から、トヨタ紡織グループが本業を通じて優先的に取り組む重要課題を特定し、解決する姿として整理しました。

トヨタ紡織グループのマテリアリティ(企業情報)

Vision

Vision

自らの目指す企業像を示した「Vision」では、「明日の社会を見据え、世界中のお客さまへ感動を織りなす移動空間の未来を創造する」ことを標榜し、すべてのモビリティーへ“上質な時空間”を提供することを目指しています。