CSR情報 Social Activities

環境マネジメント

基本的な考え方

トヨタ紡織グループは、各地域で環境委員会を開催し、環境活動の取り組み確認や、改善事例の現地現物確認、優秀活動の積極的な横展開など、継続的な活動を推進しています。また、環境保全活動を目的とする社内外への教育も実施しています。

環境経営の推進

トヨタ紡織グループは、各地域で環境委員会を開催し、環境活動の取り組みの確認や、改善事例の現地現物での確認、優秀活動の積極的な横展開など、継続的に活動を実施しています。

安全・衛生・環境機能会議

環境活動(製品環境・生産環境)の推進方向を定め、その進捗確認・フォローや審議を実施する会議です。

推進体制

推進体制

環境委員会(日本)

「2020年環境取り組みプラン」の目標達成に向け、製品環境・生産環境の活動強化の継続的な実施や現地現物で各工場の環境活動を確認し、優れた活動を横展開しました。2017年度はすべての目標を達成しました。

環境委員会(日本)
環境委員会(日本)

地域別委員会活動状況

各地域の委員会では、次の4つの活動を重要事項とし、環境活動を推進しています。
①異常・苦情ゼロ活動
②環境負荷物質の低減活動
③工場化学物質管理活動
④ISO14001認証活動
国・地域ごとに抱える環境問題はそれぞれ異なりますが、トヨタ紡織グループとして活動レベルを高い水準に設定し、各委員会活動で管理・推進できるようにしています。

化学物質管理体制の強化

化学物質管理体制の構築

開発・設計から生産・梱包までの一連の事業活動における化学物質管理を徹底しています。

化学物質管理体制の構築

化学物質の排出量削減活動

VOC、PRTR*法対象物質に関しては、離型剤の塗布方法の見直しによる塗布部分の最適化や再塗装の低減、洗浄方法の改善による塗料の使用量低減などにより、化学物質使用量や工場からの排出量の低減活動を引き続き推進しています。
その結果、トヨタ紡織のVOCは目標562tに対して実績521t、PRTR法対象物質は自主目標177tに対して実績169tとともに目標を達成しました。

*Pollutant Release and Transfer Register:化学物質排出移動量届出制度

PRTR法対象物質・VOC排出量

法規制遵守への取り組み

環境事故・汚染を未然に防止するために、法規制値より厳しい自主基準を用いて管理しています。また、地域のみなさまの視点を大切にしたリスクマネジメントを実施しています。その方法が環境リスクマップの活用です。環境リスクマップとは、工場周辺および敷地内におけるリスクの見える化や、巡視基準の強化、環境パトロールをするためのツールです。常に最新情報を把握し、リスクマップにおり込めるよう、各工場の担当者は慎重にリスクを見える化し、パトロールを実施しています。
これらの活動の結果、トヨタ紡織グループにおける異常・苦情ゼロを達成しました。

ISO14001の運用状況

2017年度に日本の事業体はすべて2015年版ISO14001に移行完了。日本以外の地域で未移行の事業体は、2018年度に移行完了するよう活動を推進します。

2015年版ISO14001認証活動

2015年版ISO14001認証活動

外部審査

2016年度も計画的に、各国・各地域の審査登録機関による審査を受け、すべての対象工場で「不適合はなく、ISO14001の要求事項を適切に運用している」と評価を受けました。

環境リスクマネジメント

刈谷工場での土壌・地下水の浄化の取り組み

トヨタ紡織刈谷工場では、1994年に環境庁(当時)から出された「土壌・地下水に関する暫定指針」に基づき、1995年から土壌・地下水の汚染を調査し、その浄化に取り組んでいます。土壌汚染については、1996年に開始し、1998年浄化を完了しました。地下水汚染についても浄化を進め、基準値以下を維持しています。

2017年度 トリクロロエチレン測定結果(環境基準:0.03mg/L)

(単位:mg/L)
工場名 事業所内地下水の濃度 現在の状況
刈谷工場 ND~0.007
2015年度実績:ND~0.025
2016年度実績:ND~0.023
基準値以下
維持継続中

ND:定量下限値未満(0.002未満)

PCBの処理状況

現在、PCB(ポリ塩化ビフェニール)は、使用禁止物質に指定されており、保管しているPCB廃棄物は、2027年3月末までに指定の処理施設で処理することが義務付けられています。2017年度は、コンデンサなど29台を処理しました。

環境保全活動を未来へ伝える環境教育の強化

地域の子どもたちへの環境教育

トヨタ紡織は2013年から地域の小学校を訪問し、当社の環境活動の紹介と、子どもたち自身ができる環境保全活動について考えるプログラムを実施しています。2017年度も、地球温暖化防止、廃棄物低減、水資源保全の3つのテーマでディスカッションを行い、環境活動の必要性を理解してもらうとともに、子どもたち自身の学びを深めてもらいました。

薬品を使って水をきれいにする実験に子どもたちは興味津々
薬品を使って水をきれいにする実験に
子どもたちは興味津々

社員への環境教育

毎年6月を環境月間、2月を省エネルギー月間として、さまざまな取り組みをしています。2017年6月には、コニカミノルタ(株)の環境経営・品質推進部 環境経営グループリーダーの高橋壮模氏をお招きし、「コニカミノルタの環境経営」をテーマにご講演いただきました。また、2018年2月には、登山家の野口健氏をお招きし、「富士山から日本を変える」をテーマにご講演いただきました。両氏ともに企業が環境保全に対して考えるべき内容や実施すべきことについてお話しされ、経営層はじめ社員は具体的な話を聞くことで、環境問題の重要性を再認識できました。今後も環境意識の高い社員を育成し、環境保全活動のさらなるレベルアップに努めていきます。

富士山やエベレストの清掃登山活動についてお話いただく
富士山やエベレストの清掃登山活動について
お話いただく

地域社会との取り組み

トヨタ紡織は、工場のある豊田市(愛知県)と「環境の保全を推進する協定」を締結し、工場から排出されるさまざまな廃棄物に対し、法律よりも厳しい協定値を取り決め、事業活動をしています。その一環として、猿投工場が進める水質保全対策が評価され、豊田市が2018年7月に発行した「エコ企業ガイドブック-エコファクトリーに行こう-」に活動内容が紹介されました。今後も地域社会をはじめ、すべてのステークホルダーのみなさまとともに、持続可能な地球環境を目指していきます。

ガイドブックには、当社猿投工場の取り組みをはじめ、市内の環境学習施設や環境にやさしい工場などが分かりやすく紹介されている

事業活動と環境の関わり(事業活動における投入資源と排出環境負荷)

2017年度の事業活動における投入資源と排出環境負荷

Webページに記載されているトヨタ紡織グループのエネルギー使用量およびCO2排出量(スコープ1、スコープ2)について、KPMGあずさサステナビリティ株式会社による第三者保証を受けています。詳細については「独立した第三者保証報告書」をご参照ください。

2016年度の事業活動における投入資源と排出環境負荷

*1 事業者自らによる温室効果ガスの直接排出(燃料、工業プロセス) トヨタ紡織グループでは都市ガス、LPG、灯油、重油、軽油が対象
*2 他社から供給された電気、熱・蒸気にともなう間接排出 トヨタ紡織グループでは電気が対象
*3 費用を支払いリサイクルするもの

保証マーク▶ CO2排出量の開示データについて、第三者保証を受けたものには保証マークを表示(詳しくはこちらを参照)

環境会計

トヨタ紡織グループは、環境保全活動に関する投資・費用とそれに対する効果を把握し、経営の効率化を図り、合理的な意思決定を行うことが重要であると考えています。

環境保全コスト

2017年度の環境会計は、投資16億9,600万円、費用27億6,200万円、それにともなう経済効果は26億5,800万円となりました。

環境保全にともなう経済効果

環境保全対策にともなう経済効果として、確実な根拠に基づいて把握した3項目を集計しました。なお、リスク回避効果など「みなし効果」については算出していません。

(単位:百万円)
環境会計 トヨタ紡織 日本関係会社 日本以外の地域
投資 費用 投資 費用 投資 費用
事業所エリア内コスト 公害防止 58 117 35 53 161 392
地球環境保全 662 205 116 30 546 117
資源循環 2 293 0 214 23 168
管理活動コスト 0 292 0 42 0 147
研究開発コスト 92 661 0 2 (トヨタ紡織に含む)
社会活動コスト 0 17 0 5 0 7
環境損傷対応コスト 0 0.06 0 0 0 0
合計 814 1,585 151 346 729.9 831
2,399 498 1,561
総計 投資 1,696 費用 2,762

表中の「費用」に減価償却費は含めていません

(単位:百万円)
経済効果 トヨタ紡織 日本関係会社 日本以外の地域
省エネによる費用削減 110 19 91
省資源化・廃棄物処理費 556 57 1,313
リサイクル材売却益 336 1 174
総計 2,658
(単位:t-CO2
物量効果 トヨタ紡織 日本関係会社 日本以外の地域
省エネ 3,143 552 2,591
(単位:t)
物量効果 トヨタ紡織 日本関係会社 日本以外の地域
廃棄物処理 442 235 1,911