ニュース

展示会情報モーターショー

※こちらに記載されている内容は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

第42回東京モーターショー2011[The 42nd Tokyo Motor Show 2011]

正式名称 第42回東京モーターショー2011[The 42nd Tokyo Motor Show 2011]
会場 東京ビッグサイト(東京都江東区)
会期 2011年12月02日(金)~2011年12月11日(日)
スケジュール プレスデー:11月30日(水)、12月1日(木)
特別招待日:12月2日(金)
一般公開:12月3日(土)~11日(日)
ブース番号 東ホール ブースNo.E5008
出展コンセプト 夢つむぎ・・・感動の移動空間を世界へ
出展製品 1.主な展示製品
1)移動空間モデル「T-Bridge (ティー・ブリッジ)」〔参考出品〕
「コンパクトなクルマに大きな可能性を」をテーマに、自分のライフシーンや気分に合わせて車室内を自由にアレンジでき、モバイル機器とも連携して、人とクルマがつながる新しい移動空間を提案します。

2)移動空間モデル「T-Brain (ティー・ブレイン)」〔参考出品〕
「エキサイティングな移動空間を家族4人で共有したい」をコンセプトに、新鮮な視界を提供するニューパッケージと体を包み込むスポーツシートで、クルマに乗る楽しさやよろこびを体感できる、新しいクルマのカタチを提案します。特徴的な外装は、トヨタ紡織の源流事業をファブリックの流れでイメージしています。

2.そのほかの展示品
1)自動車用シート製品
・トヨタ自動車GAZOO RacingのレクサスLFAに搭載されたレース用スポーツシート
・究極の乗り心地を目指して開発し、トヨタ自動車(株)と富士重工業(株)が共同開発した小型FRスポーツカーに搭載されるシート
・ネット素材を使用し、薄さ・軽さを追求したスリムスタイルシート
・軽量化、省資源化を図りつつ、乗り心地を追求した新世代シート骨格TB-NF110シリーズの新バージョン

2)植物由来原料を活用しオール植物化を目指した自動車部品
・植物由来原料を用いた繊維を表皮に使用したバイオファブリックシート
・CO2吸収能力の高い一年草ケナフなど植物由来原料を使用したドアトリム、シートバックボード、エアクリーナーケース

3)フィルター・パワートレイン機器部品
・世界最高水準のフィルトレーション技術を駆使して開発した吸気系、潤滑系、空調系フィルター
ニュースリリース https://www.toyota-boshoku.com/jp/news/release/detail.php?id=1974
公式サイト http://www.tokyo-motorshow.com/outline/

私どもトヨタ紡織は、お客さまが心から魅力的に感じていただける移動空間を創造するため、日々、技術開発に取り組んでおります。主力製品であるシートの開発においては、「乗り心地」に徹底してこだわり、さまざまな解析や評価を通して、どのような路面状態でもしっかりと身体をサポートし、ドライバーがクルマと一体となって運転できる「良いシート」を追求しております。

取締役社長 豊田 周平

展示パネル

内装品

フィルター・パワートレイン機器部品

繊維製品

フォトギャラリー