ニュース

トピックス 2019

トヨタ紡織、「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展

トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:沼 毅)は、7月17日(水)から19日(金)にポートメッセなごや(愛知県名古屋市)で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展します。

今回は、自動運転や次世代自動車へ対応した技術・製品や、自動車技術会の「技術開発賞」を受賞した技術を紹介します。

1.主な展示品

1) 自動運転への対応
  シートが乗員の生体情報を検知し、感情を推定して、状態に応じて音や光で快適を提供する技術の紹介
2) 次世代自動車への対応
  ①リチウムイオン電池
  ②ハイブリッドシステム用モーターコア構成部品
  ③燃料電池構成部品セパレーター (燃料電池車MIRAI搭載)
3) 自動車技術会 「技術開発賞」受賞技術の紹介
  ①表皮一体発泡工法の特長を生かした高フィット感シートの開発
  ②高耐衝撃軽量発泡ドアトリムの開発(トヨタ クラウン搭載)

2.出展場所

ブース番号:139

トヨタ紡織は、世界中のお客様に最高のモビリティーライフを提案し続ける会社として、“QUALITY OF TIME AND SPACE”-より上質な時間や空間の提供を目指します。