ニュース

トピックス 2016

トヨタ紡織陸上部の糟谷選手が、岩手県陸前高田市の小学校で子どもたちと交流 ~スポーツこころのプロジェクトで夢に向かって努力する大切さ伝える~

トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:石井(いしい) (よし)(まさ))は、このたび日本体育協会などが推進するスポーツこころのプロジェクトに参加しました。これは、スポーツ選手が東日本大震災の被災地の子どもに夢を持つ素晴らしさを伝える「スポーツ笑顔の教室」を実施する活動で、7月20日(水)にトヨタ紡織陸上部の糟谷悟選手が岩手県陸前高田市の矢作小学校を訪れ、5年生の児童と交流しました。

糟谷選手は、児童と一緒に楽しく運動した後、「夢」を追う中でどのような困難に直面し乗り越えてきたかを紹介し、児童も自らの「夢」を発表しました。糟谷選手自身は、長い間、自分のために数々の挫折を乗り越えてきましたが、悪性リンパ腫という病にかかった時、今度は「同じ病を抱える人に勇気を与えるために走りたい」という思いが強まり、大病を克服して2016年ニューイヤー駅伝に復帰を遂げました。この経験から、「夢に向かってがんばることが、必ず自分の人生に役立つ」ことを伝え、児童は「病気から復活した話はすごい。辛い事があってもがんばる事が大事だとわかった。これからも糟谷選手に走り続けてほしい」と夢の大切さを学びました。

トヨタ紡織グループは、「よき企業市民として社会との調和ある成長を目指す」という理念のもと、これからも青少年育成に寄与する活動を推進していきます。

   

※スポーツこころのプロジェクトは、「子どもたちの心身の成長に寄与したい」という主旨で日本サッカー協会が全国で展開する「JFAこころのプロジェクト」をベースとした活動。2011年から復興支援の一環として日本体育協会、日本オリンピック委員会、日本トップリーグ連携機構が賛同し、被災地の小学校にスポーツ選手を派遣して、被災地の“全ての”子どもたちの“こころの回復”を支援している。2016年に岩手県で開催される「いわて国体」を盛り上げようと、トヨタ自動車及びトヨタグループも賛同し、各社の強化クラブ選手を岩手県の小中学校に派遣している。