ニュース

トピックス 2015

トヨタ紡織課長会がタイで学校建設に協力

トヨタ紡織株式会社の課長会※1は、タイ王国 チェンマイ県でバン・パングポイ学校の新校舎建設に協力しました。山岳地帯に暮らす少数民族の子どもたちが通うこの学校では、生徒数が増える一方で、校舎が老朽化しており、学習環境が不十分でした。今回、新たに3教室を備えた校舎1棟を建設することで、子どもたちが安心して過ごせる良好な学習環境を整え、地域の就学率向上に寄与します。

4月27日にはセレモニーが開催され、学校関係者など約50名が参加し、新校舎の完成を祝いました。トヨタ紡織課長会会長の清水克真は、「この新校舎で学ぶ子どもたちが、笑顔で元気に過ごすことで、この地域が一層活気にあふれることを願っています」と述べ、子どもたちへ玩具を贈りました。

トヨタ紡織課長会は、2007年から国際NGOプランジャパン※2と連携し、インドネシア、ベトナム、フィリピン、タイにおけるトヨタ紡織グループ生産会社とともに各地域の就学環境整備に協力してきました。

トヨタ紡織グループは、「よき企業市民として社会との調和ある成長を目指す」という理念のもと、これからも地域に根差した活動を継続していきます。

<学校建設協力の概要>
1. 学校名 バン・パングポイ学校
2. 所在地 タイ王国 チェンマイ県 ウィエンヘーン郡
3. 生徒数 442名
4. 支援内容 校舎の建設費用として350万円を寄付
※1: トヨタ紡織に在籍するG3級職位(課長相当職)の自主活動組織
※2: 子どもたちとともに地域開発を進める国際NGOプラン(本部:イギリス)の日本事務局

 

トヨタ紡織課長会が建設に協力した新校舎

トヨタ紡織課長会が建設に協力した新校舎

トヨタ紡織課長会から子どもたちへの贈りもの

トヨタ紡織課長会から子どもたちへの贈りもの

トヨタ紡織課長会メンバーとセレモニーで伝統舞踊を披露した子どもたち

トヨタ紡織課長会メンバーとセレモニーで伝統舞踊を披露した子どもたち