ニュース

ニュースリリース 2019

トヨタ紡織が開発したシート機構部品がMAZDA CX-8の2列目シートに初採用

トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:沼 毅)は、開発したシート機構部品が、このたび、マツダ株式会社が2019年10月に発表した3列シートクロスオーバーSUV「MAZDA CX-8」の2列目シート4wayパワーシートに採用されました。

今回採用されたシート機構部品は、2列目シートのリクライニングとシートスライドの電動調整を可能にするものです。さらに、スイッチを押すだけで、自動でシートバックが前に倒れるとともにシートが前方にスライドし、3列目シートへの乗り降りを楽にするパワーウォークイン機構も備えています。

トヨタ紡織は、2018年10月に広島営業所を設立以降、2019年9月にアメリカ アラバマ州に合弁会社TOYOTA BOSHOKU AKI USA, LLCを新設するなど、マツダへのシートやシート機構部品の提案活動を進め、今回、マツダ車のシートに初めて採用されました。

  

MAZDA CX-8 「XD Exclusive Mode(特別仕様車)」
写真は、マツダ(株)の利用合意を受けているので、他への転載、転用を一切禁ずる。

※トヨタ紡織の米州地域統括会社であるトヨタ紡織アメリカと、デルタ工業株式会社と株式会社東洋シートの米国合弁会社AKI USA CORPORATIONの合弁会社