ニュース

ニュースリリース 2019

トヨタ紡織、日本政策投資銀行からDBJ環境格付で最高ランクを取得

トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:沼 毅)は、このたび、株式会社日本政策投資銀行(以下、DBJ)の「DBJ環境格付」で「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得しました。

「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという融資制度です。

今回の格付では、特に以下の取り組みが高く評価されました。

1) 長期環境目標として「2050年環境ビジョン」を策定し、経営層をトップとするグローバルな体制のもと、「ライフサイクルCO2排出ゼロにチャレンジ」を掲げ、環境に配慮した工程改善や設備開発のみならず、大幅な軽量化や植物由来・リサイクル材料の活用拡大について目標を設定し、最終製品である車両の燃費性能向上に取り組んでいる
2) 中期経営計画で掲げる「社会との調和ある成長」を目指し、「経済的価値」と「社会的価値」の同時拡大を実現する経営管理体系を新たに定め、ステークホルダーを軸としたKPIを具体化するなど、社長をトップとしたCSRマネジメント体制の強化に努めている
3) 2030年のありたい姿を定義し、快適・安全・環境を重点領域として、多様な分野との連携を強化しイノベーションを加速させるべく「新価値創造センター」や社外有識者で構成される「テクニカルアドバイザリーボード」を新設し、R&Dを拡充・強化している

トヨタ紡織はこれからも、世界中のお客様に最高のモビリティーライフを提案し続ける会社として、“QUALITY OF TIME AND SPACE”-すべてのモビリティーへ上質な時間や空間を提供し、すべてのステークホルダーから信頼され、ともに成長する会社を目指します。