ニュース

ニュースリリース 2014

トヨタ紡織、「北京国際モーターショー」に出展 ~世界最大の自動車市場で、トヨタ紡織グループの技術開発力をアピール~

トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:豊田周平)は、2014年4月20日から29日に開催される「第13回北京国際モーターショー(Auto China 2014)」(中国 北京市)に、前回に引き続き出展します。世界最大の自動車市場である中国で、トヨタ紡織グループの高い技術開発力をアピールします。

今回は「キモチイイ!移動空間」というコンセプトのもと、トヨタ紡織グループがグローバルに供給する自動車部品をはじめ、中国で供給する自動車部品、地球環境にやさしい植物由来原料を活用した内装部品、トヨタ紡織のコア技術である高精度高速プレス技術を用いたモーターコアなどを展示します。

トヨタ紡織グループにとって、中国は重要な市場のひとつです。今回の出展を通して、主要顧客であるトヨタ自動車はもちろんのこと、現地自動車メーカーへトヨタ紡織の技術開発力をアピールし、さらなる新規ビジネス獲得を目指します。また、あらゆる顧客ニーズに対応できる独自の技術力を一層向上させ、より魅力的で快適、安全な移動空間を世界中のお客様に提供していきます。

1.出展場所

  中国国際展覧センター W1ホール、ブース番号:W02

 

2.主な展示品

  (1) そこに乗る人が空間と一体となって、究極の気持ちよさ、移動する喜びを感じられるインテリアコンセプト
「T-BLISS(ティー・ブリース)」〔参考出品〕
  (2) 表皮一体発泡工法で、乗り心地とデザイン性を高い次元で両立したスポーツシート
  (3) トヨタ紡織グループが中国で生産するカムリやクラウンのシート、内装部品
  (4) 環境負荷軽減に寄与する内装部品、フィルター・パワートレーン機器部品
  (5) トヨタ紡織のコア技術である高精度高速プレス技術を用いた、ハイブリッドシステム用モーターコア構成部品