CSR情報 企業の社会的責任

社員とともに

基本姿勢

トヨタ紡織グループは、ビジョンに掲げる「世界各地域で社員がいきいきと働き、多才な人材がトヨタ紡織に魅力を感じて集まっている」というありたい姿の実現を目指しています。トヨタ紡織グループで働くすべての社員が、会社を「One Team」と感じ、誇りと夢を持って働き、仕事が楽しい、と感じることができる職場づくりを推進。すべての社員とともに企業価値向上という目標に向かって成長していきます。

人間性の尊重

社員が共有すべき基本理念や、価値観や行動原則を定めた「TB Way」に社員の個性・人間らしさを尊重することを明記し、その徹底を図っています。人種・性別・国籍・宗教・障がい・疾病などによる差別や不当な中傷などは、これを禁じるとともに、児童労働・強制労働を排除し、各国・各地域の法令・社会規範の遵守を徹底しています。

人事労務の基本的な考え方

人事労務の基本的な考え方

雇用の安定と公正・公平な評価・処遇

良好な労使関係を基盤に、労使協議会などの場で継続的に意見を交わし、「安易なレイオフをしない安定した雇用」「労働条件の中長期的かつ安定的な維持・向上」の実現を目指し相互の責任を果たすべく努めています。また、トヨタ紡織が大切にする価値観を反映した評価基準に基づいた評価を行うことで、人材育成を促進するとともに、公正・公平な処遇の実現に努めています。

「いきいき働き方改革」の推進

「いきいき働き方改革」は、トヨタ紡織グループが取り組む、組織、風土改革チャレンジです。社員の意欲、やる気を大切にする、社員の時間を大切にする、この2つのこだわりを持って、社員が明るく楽しく働くことができ、自律的に改善が進む強い職場づくりを目指します。具体的には、上司・部下の日々のコミュニケ―ションを通じた既存業務の効率化(やめる・減らす活動)を軸に、コアレスフレックスの導入、朝型勤務の推奨などに取り組んでおり、活動の成果を測る社員満足度(いきいきKPI)も着実に向上しています。2018年度以降、「いつでも、どこでも、誰とでもつながる」をコンセプトに、「ペーパーレスの推進」「モバイルツールの活用」「フリーアドレス化」「在宅勤務導入」など、より効率的で創造性の高い働き方を実現するための環境整備を進めています。

社員満足度(いきいきKPI) 肯定回答率の推移 [トヨタ紡織]

年度 2013 2014 2015 2016 2017
社員満足度
肯定回答率(%)
58.4 59.4 61.5 65.0 66.0

年次有給休暇取得率の推移 [トヨタ紡織]

年次有給休暇取得率の推移 [トヨタ紡織]
* 長欠者、海外赴任者除く
出典 : 全産業のデータは厚生労働省 就労条件総合調査による

グローバル共通の人事制度(Global HR Platform)を導入

グローバルレベルで個人、組織の力を統合・最大化すべく、トヨタ紡織グループのアイデンティティである、「豊田綱領」「基本理念」「TB Way」に基づくグローバル共通の人事制度の構築・共有に取り組んでいます。2017年度に構築したGlobal HR Platformは、2018年4月から、トヨタ紡織グループの管理職以上1,301人に適用を開始しました。Global HR Platformの特長は、日本固有の職能とグローバルスタンダードである職務を融合し、それぞれのメリットを生かして、「処遇の公平性」を担保しつつ、「人材育成」のさらなる促進を実現することです。

Global HR Platformの適用対象

Global HR Platformの適用対象

人材開発管理を進めるうえでの人事基準

人材開発管理を進めるうえでの人事基準

ダイバーシティの推進

多様なキャリアや働き方(主体的選択)を尊重し、それぞれの活躍・貢献にふさわしく報いる制度、国籍や年齢、性別、心身の障がいなどによらず、誰もがチャレンジ・活躍できる制度・環境整備を進めています。

グローバルな視点での人材の最適化と活躍促進

日本以外の地域からのトレーニー受け入れや、地域をまたぐ異動を活性化し、トヨタ紡織の内なるグローバル化を推進しています。また、日本以外の大学からインターンシップの受け入れや採用を積極的に推進しています。

女性社員の活躍推進

積極的な採用と活躍を促進するため、本人と上司の意識改革、能力発揮やキャリア形成への支援を通して、やりがい・働きがいを感じることができる職場環境やしくみの整備に努めています。

人にやさしい工程・環境づくり

定年退職後も生きがい・働きがいを持ち、培った経験とスキルを発揮し、伝承できる。また、女性や障がいを持つ社員でも働きやすく、いきいきと活躍できる「人にやさしい工程・環境づくり」を推進しています。

育児休職制度・短時間勤務制度 利用者数の推移[トヨタ紡織]

年度 2013 2014 2015 2016 2017
育児休職制度(人) 99(2) 127(4) 149(9) 169(6) 197(8)
短時間勤務制度(人) 83 72 98 111 142

( )内は男性利用者数で内数

定年後の再雇用者数の推移[トヨタ紡織]

年度 2013 2014 2015 2016 2017
再雇用者数(人) 133 140 163 193 219

障がい者雇用率の推移[トヨタ紡織]

年度 2013 2014 2015 2016 2017
障がい者雇用率(%) 1.85 1.89 1.90 2.04 2.19
人に優しい工程づくりの例

技能系教育

安全・品質・納期を高いレベルで達成できる人材の育成を目的に、モノづくり技能の向上と伝承をグローバルに展開し、職場力の向上を図っています。
2018年度も、「強い管理・監督者の育成」「極めたモノづくり技能」「保全力の強化」「安全行動できる人材育成」「核となる若手人材の育成」に取り組んでいます。 今年度は、PMR*1研修を立ち上げ、工場基本要件に基づく工場運営のための考え方を学びます。PMR研修は、7機能(安全・品質・生産・原価・人事・製造準備・環境)ごとに研修を行い、職場の弱点顕在化、問題点の共有、早期発見、早期解決につなげ、強い職場運営をサポートしていきます。

*1 Plant Management Requirement : 工場基本要件

技能検定合格者の推移(延べ人数)

技能検定合格者の推移(延べ人数)

強い管理・監督者の育成

管理・監督者研修のグローバル展開を進めるとともに、変わりゆくモノづくり現場を反映した基本技能研修や保全教育を、各地域の拠点で実地教育できる環境整備を推進しています。

極めたモノづくり技能

からくり

からくり研修では、日本以外の国からの研修生も迎え入れ、からくり改善の風土を根付かせています。「からくり改善®工夫展」では、2017年度に大口製造部が「努力賞」を受賞。
5年連続の入賞となりました。

からくりのしくみを理解する
からくりのしくみを理解する

技能コンクール

オールトヨタ紡織技能コンクールでは、サプライヤーを含む16カ国213人の選手が一堂に会し、高技能を競い合いました。

保全力の強化

機械系、電気系、金型保全など、短期の技能専門講座やニーズに合わせた教育を活用し、保全力の向上に取り組んでいます。2018年度はアメリカに保全道場をつくり、グローバルに保全力強化を進めます。

安全行動できる人材育成

「安全体感道場」に、実際の災害を教訓とした「高所作業体感装置」を2018年度に導入し、転落事故防止を図っています。危険感受性を高め労働災害ゼロを目指し、災害の未然防止を図っています。2012年度の開講から、関係会社や外来工事業者、日本以外の地域を含め、受講者総数は1万人近くとなっています。

安全体感道場受験者累計数

安全体感道場受験者計数

トヨタ紡織学園

心身・技能・知識を身につけグローバル感覚を持った
将来、技能系職場の核となる人材の育成に取り組んでいます。

海外の若手社員育成

2016年度より台湾より毎年1名ずつ入学し学んでいます。
帰国後は、学園で学んだ「仕事に取り組む姿勢」を大切に主に設備保全の担当として設備故障率低減による生産性向上に取り組んでいます。

技能五輪国際大会で当社初の金メダル獲得

2017年10月、アラブ首長国連邦で開催された第44回技能五輪国際大会にトヨタ紡織学園所属の2人が出場し、メカトロニクス職種で金メダルを獲得。
また、各国の出場者の中で最高得点を獲得選手に贈られるベストオブネイション(各国のMVP)も獲得しました。現在、1人は生技部門で活躍し、もう1人は五輪選手の指導者として磨いた技能を継承しています。

技能五輪国際大会

修了生の会「機紡の会」10周年

学園設立10周年を迎え記念総会を開催しました。
修了生同士でさらに縦横のきずなを強くするとともに、各職場でリーダーとして会社に貢献し続けることを誓い合いました。

機紡の会

安全衛生と健康づくりの推進

「社員の安全と健康はすべてに優先する」という企業風土を確立するために、安全衛生基本方針のもと、労使が協力して着実に安全衛生活動を展開しています。

安全衛生基本方針

安全をすべてに優先する企業風土を確立するために、我々は人々の安全と健康確保および環境保全ができない限り、物をつくったり、取り扱ったり、輸送したり、廃棄しない。

労働安全衛生活動のグローバルマネジメントの構築

「社員の安全と健康はすべてに優先する」という企業風土を確立するために、「安全衛生基本方針」に基づいて労使が協力して安全衛生活動を展開しています。また、労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)に沿った安全衛生活動をグローバルで行っています。
トヨタ紡織では、運用ルールを社内安全衛生基準に落とし込み、事務、技術部門を含むすべての職場へ展開するとともに、グローバルで共通に守るべき安全基準を全地域の社員に展開しています。2017年度も、重大災害(死亡災害)を絶対に起こさない人づくり・職場づくりを推進するため、STOP6点検要領を明確化し、点検の実施、およびリスクアセスメント定着活動などにグローバルで取り組みました。

相互啓発型安全文化構築への取り組み

安全衛生活動による労働災害ゼロを目指した取り組みとともに、「相互啓発型の安全文化の構築と定着」を図るため、安全教育プログラムの体系化と各地域でのトヨタ紡織担当者による現地教育を実施しています。2018年6月に開催されたグローバルウィーク*2では、全地域のマネジメント層に対し、安全環境という教育施設で過去に発生した重大災害・環境事故火災の事実から、要因や再発防止策について、教育・ディスカッションし、重大災害撲滅を目指した人づくりを進めています。

*2 役員、部長、拠点長、事業体の代表社員などが一堂に会し、地域や機能の枠を超えてグループ一体となって議論する一週間

同じ失敗を繰り返さないよう考える

外来工事の安全確保

大型の重機が入り、大勢の作業者が設備の間に入るうえ、高所作業もある構内外来工事の安全確保は重要な課題です。トヨタ紡織では安全な工事を目指して、協力会社とともに構内の外来工事における安全衛生の取り組みを充実させてきました。
工事計画部署への教育を実施することに加え、全事業場で役員自ら管理監督者とともに外来工事安全パトロールを行い、労働災害未然防止活動を進めてきた結果、災害件数はゼロ件でした。

外来工事のパトロール
外来工事のパトロール

労働災害休業度数率

労働災害休業度数率

健康な人づくり・健康文化の構築と定着

全社員が在職中・定年後も心身ともに健全で元気に生活できることを目標として「健康な人づくり・健康文化の構築と定着」活動に取り組み、産業医と健康推進スタッフが一体となって、心身両面からの健康サポートを全社員に行っています。

全社員の健康診断実施

トヨタ紡織グループは、すべての拠点での健康診断実施を推進しており、2016年度からトヨタ紡織グループ全拠点で健診を行うことができました。今後は、健康啓発活動や、保健室や職場でのフォローなどを継続し、受診義務のない地域も含め、健診受診率100%を目指します。

喫煙率[トヨタ紡織]

喫煙率[トヨタ紡織]

生活習慣病予防の取り組み

日本地域では、生活習慣病予防として、BMI値25以上(肥満)の社員数低減、喫煙率低減活動を重点に取り組んでいます。生活習慣改善の「気付き」「きっかけ」となる、生活習慣改善セミナーや禁煙マラソン*3の実施などにより、さらに活動を推進し、健康増進につなげています。

*3 喫煙者とサポーターによる210日間の禁煙チャレンジ

メンタルヘルス活動の取り組み

トヨタ紡織では、新入社員や新任管理・監督者へのメンタルヘルス教育、休職者復職支援、相談窓口の設置、人事機能と連携して社員の心の健康を維持する活動に取り組んでいます。
2017年度からはストレスチェックをトヨタ紡織のすべての工場で実施し、92.3%の回答率となりました。高ストレス者には面接を行い、対象部署の職場環境改善を実施するなど、メンタル不調を出さない活動を推進しています。

ストレスチェック分析結果全社報告会
ストレスチェック分析結果全社報告会