CSR情報 企業の社会的責任

社員とともに

トヨタ紡織グループは、ビジョンに掲げる「世界各地で社員がいきいきと働き、多才な人材がトヨタ紡織に魅力を感じて集まっている」という「ありたい姿」の実現を目指し、すべての社員とともに成長していきます。

  • ありたい姿「いきいき」の実現を目指して

    トヨタ紡織グループは、社員の人権の尊重と、労使の相互信頼・相互責任関係を前提として、世界各国・各地域で働くすべての社員が会社を「OneTeam」と感じ、誇りと夢を持って働き、仕事が楽しい、会社に来ることが楽しい、と感じられる、すなわちビジョンに掲げる「いきいき」の実現を目指しています。

  • 中期的かつグローバルな視点での人材の最適化

    グローバルに事業を展開するうえで、人材の確保は極めて重要な課題です。事業の展開に必要な人材の質と量を常に見える化し、グローバルな視点で最適な確保・配置を実現するしくみを構築し成長戦略の実現を支えていきます。

  • 果敢なチャレンジ・能力の最大発揮を支える制度の整備

    さまざまな考えや強みを持つ社員が在籍するトヨタ紡織グループでは、ダイバーシティのさらなる推進が企業の成長のために不可欠だと考えています。社員一人ひとりの多様性(個性や能力)を尊重し、主体的なチャレンジや能力の最大発揮を促すことでいきいき働ける環境づくりに努めています。

  • いきいき働き方改革の推進

    「いきいき働き方改革」は、トヨタ紡織グループの企業風土や文化を根本から変えていこうという大きなチャレンジです。この改革を通じて、社員の意欲・やる気を引き出し、社員が明るく楽しく働くことができ、改善が自律的に進む職場を目指しています。このような職場環境が、生産性向上や競争力強化につながると考えています。

  • 技能系教育

    モノづくり技能の向上と伝承をグローバルに展開しています。安全・品質・納期を高いレベルで達成できる人材の育成を目的に、「強い管理・監督者の育成」「極めたモノづくり技能」「保全力の強化」「安全行動できる人材育成」「核となる若手人材の育成」に取り組み、職場力の向上を図っています。

  • 安全衛生と健康づくりの推進

    「社員の安全と健康はすべてに優先する」という企業風土を確立するために、安全衛生基本方針のもと、労使が協力して着実に安全衛生活動を展開しています。