CSR情報 Social Activities

トヨタ紡織生物多様性基本方針

生物多様性の保全と自然資源の持続可能な利用は、地球温暖化防止(気候変動対策)とともに、地球規模で取り組むべき重要な課題であり、トヨタ紡織グループはCOP10の理念を受けて、2011年11月「トヨタ紡織生物多様性基本方針」を策定しました。

基本的な考え方

トヨタ紡織グループは、生物多様性の保全と自然資源の持続可能な利用を目指し、事業活動全体で生物多様性に及ぼす影響の低減に努めるとともに、生物多様性保全に資する環境技術の可能性を追求し、自然と共生する社会の実現に貢献します。

行動指標

1 自然を活かす
[環境技術の追求]
  • 植物由来材料などの生物資源を活用する技術開発と普及
  • 資源を有効活用できるリサイクル設計、軽量化の技術開発推進
  • 製品含有化学物質の管理充実
2 自然との共生
[事業活動にともなう影響の配慮]
  • 事業活動全体での生物多様性への影響把握と、その継続的な低減
  • エネルギーの効率的利用、省資源、および環境負荷物質低減の推進
  • 土地利用などにおける周辺地域への配慮
3 自然を育む
[社会との連携・協力]
  • 社員の生物多様性への意識高揚と自主的な行動の促進
  • 行政・地域社会・NGOとの連携を通じたグローバルでの森づくりなど、生物多様性を育む社会づくりへの貢献
4 情報の共有
[情報の発信・公開]
  • 生物多様性保全活動の取り組み、成果の発信と社会との共有