Company 企業情報

価値創造ストーリー

トヨタ紡織グループは、「豊田綱領」に基づいた「基本理念」を定め、自らの目指す企業像を示した「Vision」に「明日の社会を見据え、世界中のお客さまへ感動を織りなす移動空間の未来を創造する」ことを掲げています。豊田綱領で説く「人づくり」「ものづくり」「技術開発」を事業の根幹に据えて、世界中のお客さまに最高のモビリティーライフを提案し、お客さまに愛着を感じていただけるものづくりを通じて、すべてのモビリティーへ“上質な時空間”を提供。これにより、すべてのステークホルダーから信頼され、ともに成長する会社として、経済的価値の向上と社会的価値への貢献を目指します。

  • 価値創造プロセス

    トヨタ紡織グループの3つの強み「人づくり」「ものづくり」「技術開発」と、4つの事業領域を価値創造の支えとし、私たちのVisionである「明日の社会を見据え、世界中のお客さまへ感動を織りなす移動空間の未来を創造する」を実現します。

  • 持続可能な成長に向けた取り組み

    創業時から、私たちが脈々と受け継いできた、3つの強み「人づくり」「ものづくり」「技術開発」。
    これらの強みは、トヨタ紡織グループの価値創造を支える事業活動(ビジネスモデル)の基盤となり、当社のコア事業であるシート、内外装、ユニット部品事業での地位を確立してきました。
    しかし、CASEの伸展やMaaSといった新しいトレンドへの対応など、事業環境は著しく変化しています。
    私たちは、この世の中の変化をチャンスととらえ、これまでの延長線上にはない新たな視点で課題に取り組みます。
    そしてこれからも、3つの強みをさらに磨くことで、新たな価値を生み出していきます。

  • 経営の考え方と「経営管理体系」

    Visionの達成とありたい姿の実現に向けて、「経営の目指す姿」を設定し、その実現のために、「経営管理体系」を定め、KPIの目標に沿って進捗のフォローを行うことで、企業価値の向上を目指しています。