ニュース

ニュースリリース 2015

「ANA×トヨタ紡織」国内線普通席の新シートを共同開発 ~国内線にJapan Qualityの新シートを導入し、快適性を追求~ ~自動車部品メーカーのトヨタ紡織が航空機シートを初めて開発~

全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:篠辺 修、以下:ANA)とトヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、代表取締役社長:豊田 周平、以下:トヨタ紡織)は、国内線普通席のシートを共同開発いたしました。今回、トヨタ紡織としては初めて航空機シートを開発・製造します。

共同開発するにあたり、ANAはエアラインとしてのノウハウ・ニーズを提供し、トヨタ紡織は長年にわたり多種多様な自動車用シート開発を通して培ってきたデータと高品質のモノづくりを活かしました。そして「お客様の心に残るひとときを」をコンセプトに、快適にお座りいただけるシートを作り上げました。

ANAは日本で唯一の5スターエアラインとして、国内線においてもプロダクトとサービスの向上に努めて来ました。当該シートは2015年6月より導入し、2016年度までにB767-300型機6機(席数合計:1,560席)に装着する予定です。これによりB777およびB787に加え、B767においても普通席を刷新し、機内での快適性を高めていきます。

1.新座席仕様

  座席幅 17.5インチ
  座席間隔(ピッチ) 31インチ
  配列 2-3-2

 

1.シートの特徴 ~ Japan Quality ~

コンパクトカーから高級車、レース用車両など、様々な自動車用シート開発で培った人間工学に基づく座り心地の知見を活かし、小柄な方から大柄な方までリラックスできるシートを開発。

①「座り心地」へのこだわり

人の身体をどう支えるかが「座り心地」を追求する上で最も重要と考え、
身体の根幹である腰(骨盤)をしっかり支持することで、腰周りの筋肉の
疲労を抑え、リラックスできる姿勢を保持するシート構造。

 

 

どのような体格でも心地よくフィットするシートを追求し、身体にかかる
圧力をバランスよく分散するように、背もたれや座面の形状、高さ、長さ、
角度、構造を設計。

②「使いやすさ」へのこだわり

身体に合った使いやすいテーブルの高さや、自然に肘が支えられる
アームレストの高さなど、小柄な人から大柄な人まで誰もが心地よいと
感じる位置やカタチを、様々な角度から検証し設定。
 

③「空間」へのこだわり

丸みを帯びたシートのカタチで、座る人の視界を広げ、「開放感」を創出。
目線の高さにファブリックを使い、柔らかで圧迫感の少ない、やさしい空間づくり。