ニュース

ニュースリリース 2013

2013年度 入社式を挙行

トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:豊田周平)は、4月1日(月)午前9時30分からトヨタ紡織グローバル研修センター(豊田市大林町)で入社式を行いました。入社式には、新入社員180名と役員および労働組合代表など関係者約230名が出席。新入社員への激励として、社長の豊田は次のように述べました。

「挑戦魂と情熱、あきらめない執念を」

世界市場の中で熾烈化する競争を勝ち抜くため、昨年私たちは、中長期経営ビジョン「2020ビジョン」と「2015中期経営計画」を策定し、2020年度には連結売上高1兆6,000億円という高い経営目標を掲げました。このチャレンジングな目標を実現するため、社員全員が発想を飛躍させ、新規ビジネス開拓などにスピード感をもって取り組んでいます。

新入社員のみなさんは、これからいろいろな困難に遭遇することになりますが、決して失敗を恐れることなく、果敢に挑戦してください。失敗経験は、人を大きく成長させます。今、みなさんが持っている若いエネルギーを発揮し、情熱をもってよく考え、あきらめない執念でやりきれば、高い目標も実現できるはずです。「挑戦魂と情熱、あきらめない執念」を持って、仕事に取り組んでいただきたいと思います。

みなさんは日本のトヨタ紡織に入社をされましたが、世界中に仲間がいます。そして世界中にお客様がいます。積極的にグローバルコミュニケーション力を身につけていただきたい。チームで協力して最善の解決策を導き出せば、ひとりではできない大きな仕事も必ずやり遂げることができます。

最後に、みなさんには、常に「現地現物」を実践し、仕事の目的は何か、もっと効率的にするにはどうすれば良いか、他部署から期待されていることは何かなど、自ら多角的に深く考え、日々仕事を改善する気概を持つことを心がけていただきたい。

みなさんの若いエネルギーでチャレンジすれば、高い目標であるビジョンも達成できるはずです。みなさんのこうした若さに大いに期待しています。