ニュース

ニュースリリース 2010

トヨタ紡織、「第3回国際ユニヴァーサルデザイン会議2010inはままつ」に出展

トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:豊田周平)は、10月30日(土) から11月3日(水)に静岡県浜松市(アクトシティ浜松、静岡文化芸術大学)で開催される「第3回 国際ユニヴァーサルデザイン会議2010inはままつ」に出展します。

「第3回 国際ユニヴァーサルデザイン会議2010inはままつ」は『人と地球の未来のために~持続可能な共生社会の実現へ向けて』というテーマのもと、公開シンポ ジウムやパネルディスカッション、展示会などを開催します。国内外から参加者が集い、多様な人々にとって安全で暮らしやすく、生態系に負担をかけない社会 環境づくりのためのユニヴァーサルデザインについて、活発な意見交換を行います。

今回2度目の出展となるトヨタ紡織は、自動車を通したユニヴァーサルデザイン社会の実現と、環境にやさしい移動空間づくりへの取り組みを紹介します。多様なユーザーの要望に応える自動車内装空間コンセプト「T-BOP」のスケールモデルを提案、展示します。 また、当社がファブリックメーカーとともに開発した表皮材の高機能性を実感いただけるよう、防汚、静電防止、スキンケアなど様々な機能を持ったファブリックを「明るく、楽しく、優しいイメージのブース展示」でみなさまへわかりやすくお伝えします。

トヨタ紡織は、国際ユニヴァーサルデザイン協議会の理事企業として、この国際会議の運営に積極的に関わっており、展示会への出展のほかにも、会期中に行われるパネルディスカッションや特別ワークショップ「48時間デザインマラソン」に参加し、論文の発表 も行います。

1.展示場所

アクトシティ 展示イベントホール
ブースNo.28

2.展示内容

  1. 自動車内装空間コンセプト「T-BOP」
  2. ユニヴァーサルデザイン製品化の歩み
  3. 低炭素社会への取り組み
  4. 機能を持ったファブリック