CSR情報 Social Activities

地域・国際社会とともに

トヨタ紡織グループは、社会との調和ある成長の実現に向け、コーポレートガバナンスの強化、コンプライアンスの徹底、リスクマネジメントの強化、社会貢献に取り組み、すべてのステークホルダーからの期待と信頼に応えていきます。

社会性活動の基本

トヨタ紡織グループは、「基本理念」のもと、グループで共有すべき価値観と行動原則を表した「TB Way」、行動規範である「トヨタ紡織グループ行動指針」に基づき企業活動を行うことで、社会的責任を果たしています。説明責任、透明性、倫理的な行動、ステークホルダーの利害の尊重、法の支配の尊重、国際行動規範の尊重、人権の尊重などをCSR活動の基本とし、企業活動のあらゆる局面でCSRの充実を図っています。

  • コーポレートガバナンス

    すべてのステークホルダーのみなさまに満足いただけるよう「よき企業市民として社会との調和ある成長を目指す」ことを基本理念の第一に掲げ、持続可能な企業活動に取り組むとともに、グローバル企業として経営の効率性と公平性・透明性の維持、さらなる向上が重要と考え、コーポレートガバナンスの充実を図っています。具体的には、①株主の権利・平等性の確保 ②株主以外のステークホルダーとの適切な協働 ③適切な情報開示と透明性の確保 ④取締役会の役割・責務の適切な遂行 ⑤株主との建設的な対話 を進めていきます。

  • コンプライアンス

    基本理念において「よき企業市民として社会との調和ある成長を目指す」ことを宣言しています。

  • リスクマネジメントの強化徹底

    経営に関わるリスク、日常業務にともなうリスク、災害や事故などによるリスク、レピュテーションリスク*などに迅速に対応するため、効果的な管理体制を築き、リスクマネジメントの強化に努めています。

    * 社会的な信頼を失うリスク

  • 社会貢献

    基本理念「よき企業市民として社会との調和ある成長を目指す」をふまえ、トヨタ紡織グループが共有する理念のもと、「地域に根ざした活動」「環境活動」「青少年育成・教育活動」の3つの重点分野で、地域の課題に応える社会貢献活動を実践しています。