CSR情報 Social Activities

リスクマネジメントの強化徹底

経営に関わるリスク、日常業務にともなうリスク、災害や事故などによるリスクに迅速に対応するため、効果的な管理体制を築き、リスクマネジメントの強化に努めています。

リスクマネジメント基本方針

  1. 危機の事前予知・予防に努める
  2. 危機発生時は「人命尊重第一」に安全確保を最優先
  3. 危機発生時は情報の一元化と原因究明を早急に行い、適正に対応し被害を最小限に食い止める
  4. 社会に対して重大な損害・影響を与えるような場合は、誠意を持って速やかに情報開示を行う

リスクマネジメント体制

さまざまなリスクの未然防止や低減への取り組みを、各機能部署が活動計画におり込み推進しています。これまでは、CSR委員会の中でリスクマネジメントの評価・フォローを実施してきましたが、より活動を強化するため、2016年度からは、新たにリスク管理機能会議として独立させて運営しています。

大規模自然災害への備え

大規模自然災害の備えとして、事業継続計画(BCP)のブラッシュアップを継続しています。

2015年度は、日本地域では猿投、刈谷、高岡工場に全社災害対策本部を設置し、実際の災害発生を想定して全社同じ時間で一斉に防災訓練を実施。各工場や日本関係会社など、20拠点が訓練に参加しました。また、全社一斉防災訓練と連携して全社災害対策本部の初動訓練や工場の早期生産復旧に向けた訓練を実施し、より現実性の高いBCPへの改善を進めました。日本以外の地域では、すべての地域統括会社で重点災害対応訓練を実施しました。また、日本に加えアセアン地域でも、域内統一の安否確認システムを採用し情報収集の効率化を図っています。

全社災害対策本部の初動訓練(猿投工場)
全社災害対策本部の初動訓練(猿投工場)
会社一斉防災訓練で屋外へ避難(刈谷工場)
会社一斉防災訓練で屋外へ避難(刈谷工場)