CSR情報 Social Activities

株主・投資家とともに

株主・投資家のみなさまの支持と信頼に応えるために、適時かつ適切なディスクロージャーとコミュニケーション活動を積極的に推進しています。

企業の価値向上と情報開示の充実

「株主、投資家、取引先、地域社会などが必要とする情報を適時・適切に開示し、社会から信頼される広報活動に努める」ことを情報開示ポリシーに定め、正確、適時、かつ公正な情報開示に努めています。適切な情報開示を行うため、トヨタ紡織の渉外広報部、経理部、法務部、経営企画部で組織する情報開示委員会において、企業情報を厳格に管理するとともに、積極的なディスクロージャーに努めています。

株主さまへの利益還元について

2016年度の業績については、財務ハイライトに掲載のとおりです。
当期の配当金につきましては、株主のみなさまへの長期安定的な配当の継続を重視し、1株あたり50円(年間)とさせていただきました。
なお、配当性向につきましては、段階的に向上させ、2020年度に30%を目指していきます。

配当金の推移

株主・投資家とのコミュニケーション

経営状況や事業戦略をご理解いただくために、社長および関係役員による証券アナリスト、機関投資家向けの決算説明会を定期的に開催しています。2016年度より、従来の中間・期末の説明会に加え、第1四半期、第3四半期にも説明会を開催しています。また機関投資家を対象としたカンファレンスにおける経営層との個別ミーティングや、個人投資家を対象とした会社説明会などを通じて、株主・投資家のみなさまとのコミュニケーションを積極的に図っています。
さらに、投資家のみなさまに当社の事業活動に対する理解を深めていただくことを目的に、日本以外の地域の工場・施設見学会も開催しています。

IR決算説明会(東京)
IR決算説明会(東京)

定時株主総会・株主工場見学会の実施

2016年度は、第91回定時株主総会に338人の株主のみなさまにご出席いただきました。また、株主のみなさまにトヨタ紡織グループへの理解を深めていただくため、工場や施設見学会を開催しており、株主総会当日に、希望された74人の方にトヨタ紡織猿投工場と、技能育成センターで、シートやドアトリムなどの工程と、保全や若手人材の育成現場を見学いただきました。

株主工場見学会(技能育成センター)
株主工場見学会(技能育成センター)

ウェブサイトによる情報発信

ウェブサイトに当社の事業紹介や、プレスリリース、決算説明会資料などの必要な情報をタイムリーに掲載し、株主・投資家のみなさまをはじめ、社会への適切、公正な情報発信に努めています。
2016年度からは、中間および期末の決算説明会の動画配信(日本語・英語)をスタートしました。また、株主総会招集通知(要約)の英文の掲載や財務情報の充実など世界の株主、投資家のみなさまにも、トヨタ紡織グループの理解を一層深めていただけるよう、グローバルウェブサイトにおける英語での情報開示項目の拡充を図っています。