CSR情報 Social Activities

森づくり活動 132万本植樹にチャレンジ

基本的な考え方

「トヨタ紡織生物多様性基本方針」に基づき、森づくりを重点に生物多様性保全に取り組んでいます。2015年より、トヨタグループの活動である「グリーンウェーブプロジェクト*」に参画し、活動の輪をグループ会社、地域、行政などにも広げ、森づくりを推進しています。

*工場の森づくり、周辺の環境保全など地域をつなぐ自然共生活動

2050年までの植樹本数

2050年までの植樹本数

トヨタ紡織グループの森づくり活動

トヨタ紡織グループで進める森づくり活動の輪は、世界中に広がっています。2017年度も各地で植樹活動を推進。その結果、2017年度の植樹本数目標16,000本に対し、実績30,327本となり、目標を大きく上回りました。

グリーンウェーブプロジェクトへの参画

自然共生社会の構築を目的に、2015年度よりトヨタグループで進める、「グリーンウェーブプロジェクト」に参画しています。2017年度は、矢作川(愛知県豊田市流域)竹林を整備する水域保全活動や森林整備活動などを実施しました。トヨタ紡織としての活動に加え、今後もこうしたトヨタグループでの活動にも積極的に参画を進めることで、生物多様性保全活動の輪を広げていきます。

河川敷を覆っていた竹林を伐採したことで生き物が住みやすい環境に
河川敷を覆っていた竹林を伐採したことで生き物が住みやすい環境に