CSR情報 Social Activities

森づくり活動 132万本植樹にチャレンジ

基本的な考え方

「トヨタ紡織生物多様性基本方針」に基づき、森づくりを重点に生物多様性保全に取り組んでいます。2015年より、トヨタグループの活動である「グリーンウェーブプロジェクト*1」に参画し、活動の輪をグループ会社、地域、行政などにも広げ、森づくりを推進しています。
*1 2015年度よりトヨタグループで進める、自然共生社会の構築を目的としたプロジェクト

2050年までの累計植樹本数

2050年までの累計植樹本数

トヨタ紡織グループの森づくり活動

トヨタ紡織グループで進める森づくり活動は、世界中に広がっており、2050年に132万本植樹の目標のもと、各地域で植樹活動を推進しています。2019年度はNGOと連携したグローバル植樹活動を中国、ベトナム、ブラジルで開始し、植樹本数目標5万4,000本に対し実績5万4,766本となり、目標を達成しました。2020年度も、NGOなど多くの関係団体との連携をさらに密にし、グローバル植樹活動、森づくり活動を推進し、2020年の目標である「累計50万本」を達成します。

TOPICS

ベトナムでの植樹活動開始する

ベトナムでは2019年度からの5年間で、35haに7万本を植樹するプロジェクトを開始しました。飛砂を防止して地域環境を改善し、地域経済の発展に貢献します。初年度である2019年度は、貧栄養土壌でも育ち、潮風にも耐性があるアカシア1万4,000本を7haに植樹しました。

7世帯30人が参加したベトナム フエ省での植林活動
7世帯30人が参加した
ベトナム フエ省での植林活動

中国の内モンゴル自治区での森づくり活動が社外から高く評価される

2013年から、豊田紡織(中国)が主体となって多くの関係団体と連携し、砂漠化防止を目的に森づくり活動を実施。2018年までに、内モンゴル自治区のトングリ砂漠に約5万6,000本の苗木を植樹しました。
こういった活動が高く評価され、2018年9月、豊田紡織(中国)は、中国国家林業局より「生態中国貢献賞」を受賞しました。
また、2019年には、中国緑化基金会より「ベスト貢献企業賞」を受賞しました。これは砂漠化防止を目的にトングリ砂漠で7年間続けてきた森づくり活動の継続性や社会への影響力が高く評価されたものです。

生態中国貢献賞を受賞
生態中国貢献賞を受賞
ベスト貢献企業賞を受賞
ベスト貢献企業賞を受賞

オールトヨタ グリーンウェーブプロジェクトへの参画

自然共生社会の構築を目的に、2015年度よりトヨタグループで進める、「オールトヨタ グリーンウェーブプロジェクト」に参画しています。
2019年度は、オールトヨタ自然共生ワーキンググループの一員として、ラムサール条約*2に認定されている宮城県の伊豆沼で観察路整備活動に参画しました。
この活動は伊豆沼を管理しているサンクチュアリセンター殿の整備活動を支援する作業で、多くの観光客の方が、水辺により近い場所で観察できるよう観察路の整備を行いました。
今後とも、オールトヨタ自然共生ワーキンググループの活動に参画し、地域本来の生態系や生物多様性の保全に力を入れていきます。

*2 ラムサール条約:1971年2月2日にイランのラムサールという都市で開催された国際会議で採択された、湿地に関する条約です。正式名称は、「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」といいますが、採択の地にちなみ、一般に「ラムサール条約」と呼ばれています。

オールトヨタグリーンウェーブプロジェクト