CSR情報 Social Activities

環境活動の報告

2016年度実績(2020年環境取り組みプラン)

【報告対象の範囲】

  • トヨタ紡織: 18拠点
  • 米州地域: 地域統括会社1社、生産拠点10社
  • 中国地域: 地域統括会社1社、生産拠点12社
  • 日本関係会社: 生産会社9社、その他7社
  • アジア・オセアニア地域: 地域統括会社1社、生産拠点12社
  • 欧州・アフリカ地域: 地域統括会社1社、生産拠点8社

低炭素社会の構築

1〜7と11の原単位は、外的要因の影響を受ける売上高から、より正確に改善量を把握するため、「2020年環境取り組みプラン」より生産台数に変更しました。
8の排出量は、改善量をさらに正確に把握するため、「2020年環境取り組みプラン」より算出方法を変更しました。

(自己評価凡例 :目標達成)
取り組み項目 具体的な実施項目・目標 2016年度目標 2016年度実績 評価
生産 1 低CO2革新生産技術開発の推進
  • 新設工程CO2排出30%低減を目標とした革新的生産技術開発の推進
  • 新規導入設備への省エネ対策のおり込み(従来設備▲30%)
  • 省エネ対策おり込みを計画通り完了
  • 工程の縮小化、搬送距離低減、シリンダー・部品点数の削減等のコンパクト化
  • 各開発アイテムの立案と実施
  • 新工法の開発や工程のコンパクト化などの設備導入を計画通り完了
  • 次世代成形・加飾・組付け工法の開発によるエネルギー使用低減
  • コージェネレーション設備導入によるCO2低減の推進
  • コージェネレーション設備の計画的導入
  • 猿投工場2400kWガスエンジンコージェネレーション設備の導入完了(12月より稼働)
2 各国・各地域の特性に合わせた再生可能エネルギーの活用推進
  • 各国・各地域の特性(経済性、CO2低減効果)に合わせた再生可能エネルギーの導入エリア拡大
  • 各国・各地域の特性調査と目標値と導入計画の検討実施
  • 各国・各地域の特性調査と導入計画の立案完了
3 自社における次世代エネルギーの活用可能性調査と中長期での活用めど付け
  • 工程、原動力設備での次世代エネルギー活用可能性調査と活用技術のめど付け実施
  • 水素エネルギー活用における動向調査および、燃料電池の利用検討
  • 燃料電池活用モデルラインの設置計画の立案完了
4 日常生産活動におけるCO2排出量の最小化
  • 生産性向上の追求、E-JIT活動*1によるエネルギー使用時のムダ徹底排除
  • 省エネ診断によるムダ排除、やり切りアイテムの抽出と実施
  • 省エネ診断、省エネパトロールによる、やり切りアイテムの抽出と改善実施
  • 投資ゼロアイテム*2のやり切りによるCO2削減と活動の維持推進
  • 低効率機器の積極的な更新・高効率機器の導入
  • 高効率機器への計画的更新と中長期更新計画立案に向けた保有設備の調査実施
  • 計画的更新実施とグローバルでの設備調査完了
  • 製品・工程単位でのエネルギー原単位の把握と低減活動の推進
  • エネルギー原単位把握と改善に向けた計量機設置の推進
  • シート組付工程他、計画通り計量機設置を完了
製品 5 トップクラスの燃費性能に貢献する製品開発
  • 製品軽量化(シート、内外装、ユニット部品)
  • 熱マネジメント(赤外線反射機能による冷房負荷低減)
<シート>
  • リヤシートの軽量骨格開発
<内外装>
  • 高衝撃発泡ドアトリム採用決定

  • 赤外線反射率40%を確保するTPO*3表皮/ニードルパンチ*4不織布表皮の仕様見極め
<シート>
  • 試作品評価を完了
<内外装>
  • 高衝撃発泡ドアトリムの量産確認完了
  • 高衝撃材の限界性能見極め完了

  • TPO表皮:赤外線反射機能を有する表皮としての開発完了
  • ニードルパンチ不織布表皮:赤外線反射機能の付与を確認
6 次世代自動車に対応した製品開発の推進
  • HVモーター部品・FC部品の量産拡大
<HVモーター>
  • 試作品の受注
<FC(燃料電池)>
  • FC部品の量産受注
<HVモーター>
  • 試作品の受注完了
<FC(燃料電池)>
  • FC部品の受注完了
7 植物由来の原材料を使用した製品開発と製品化拡大
  • 自動車部品への植物由来材料の活用
  • ケナフ拡販戦略の策定
  • 直近車種へのケナフ新規採用
  • ケナフの展開計画作成完了
  • カローラへの新規採用決定
物流 8 物流活動における効率的な物流の追求によるCO2排出量の低減
  • 輸送効率向上・低燃費活動の一層の改善によるCO2排出量の低減
目標値:8,441t以下 実績:6,593t
【1〜8に関連する目標】
地域 基準年 項目 2020年目標 2016年度目標 2016年度実績 評価
生産 グローバル 2010年度 原単位:t-CO2/千台 15%減 36.0 35.5
  トヨタ紡織(単独) 2008年度 原単位:t-CO2/千台 17%減 19.1 18.1
2008年度 排出量:t-CO2 17%減 62,280 57,143
物流 トヨタ紡織(単独) 2010年度 排出量:t-CO2 10%減 8,018 6,593
  • *1 Energy-Just In Time活動:必要なときに必要なエネルギーだけを使い、必要なものをつくること。エネルギー使用時のムダの徹底排除活動
  • *2 投資をせずに調整だけで省エネ効果のあるアイテム
  • *3 Thermo Plastic Olefin: ポリオレフィン系熱可塑性エラストマー
  • *4 不織布の一製法

循環型社会の構築

11の原単位は、外的要因の影響を受ける売上高から、より正確に改善量を把握するため、「2020年環境取り組みプラン」より生産台数に変更しました。

取り組み項目 具体的な実施項目・目標 2016年度目標 2016年度実績 評価
生産 9 生産工程における水使用量、排出量の低減
  • ライン改装と連動したコンパクト化などの画期的取り組み(水使用最小化工程の開発)
  • 各開発アイテムの立案と実施
  • 計画開発アイテムを計画通り完了
  • 各国、各地域の水事情を考慮した水使用量低減活動の継続推進
    ・ムダの排除・高効率利用による水使用量の低減
    ・リサイクル化による水使用量低減
  • 各国、各地域の水事情を考慮した日常改善活動による水使用量低減活動の推進
  • 用途に応じた工程排水および雨水の再利用
  • 水使用効率の高い工程変更および高効率利用
  • 経路ごとの流量計設置による日常管理徹底
  • 米州:雨水を回収しトイレ用水などに活用
  • アセアン:プレート洗浄機の統合による水使用量低減実施
  • 中国:工程排水処理水の緑地散水への再利用
製品 10 植物由来の原材料活用による化石燃料資源の使用量低減
  • リサイクル材使用、再利用の一層の推進
  • 植物由来材料の一層の活用による資源を有効利用した開発・設計の推進
  • ケナフ基材の再資源化100%
  • 植物由来材料活用のシナリオ作成(世の中技術・動向・トヨタ紡織方針)
  • ケナフ基材をミサワホーム(株)ウッドデッキへリサイクル(製品化済)
  • 2025年に向けた植物由来原料の技術確立の確認
生産 11 生産活動における廃棄物の低減と資源の有効利用
  • 低排出物 生産技術の開発
  • 各開発アイテムの立案と実施
  • 計画開発アイテムを計画通り完了
  • 日常改善活動による排出物の最小化推進
  • 資源(廃棄物)の有効活用によるRSPP*5生産の推進
  • 日常改善活動による廃棄物の低減
    -歩留まり向上などの発生源対策による低減活動推進
    -資源ロス低減活動の推進(分別、リサイクル化)
  • 資源(廃棄物)の有効活用によるRSPP生産の推進
  • 日本:量産前トライ段階での排出物利材化、塗装粕の脱水減量化
  • 米州:パレットの回収を無償から有償回収に改善
  • 中国:ポリウレタン原料の梱包容器をドラム缶からポリタンクへ変更しリターナブル化
物流 12 物流活動における梱包包装資材の低減と資源の有効利用
  • リターナブル化・包装材の軽量化、使用量低減の一層の推進
  1. 1:包装資材使用量
     2,190t/年以下
  2. 2:包装改善件数
     6件/年以上
  1. 1:包装資材使用量
     2,115t/年(低減量▲74t/年)
  2. 2:包装改善件数
     6件/年(低減量▲7.6t/年)
【11・12に関連する目標】
地域 基準年 項目 2020年目標 2016年度目標 2016年度実績 評価
廃棄物排出量 日本地域 2010年度 原単位:t/千台 10%減 1.72 1.32
  トヨタ紡織(単独) 2008年度 原単位:t/千台 12%減 1.9 1.26
直接埋立廃棄物ゼロ*6 直接埋立廃棄物ゼロ維持
梱包包装資材使用量 トヨタ紡織(単独) 2008年度 使用量:t 12%減 2,190 2,115
  • *5 Recycled Sound-Proofing Products:自動車シュレッダーダスト内のウレタンや繊維類を分別してリサイクルした車両用防音材
  • *6 直接埋め立て廃棄物ゼロの定義 直接埋立処分した廃棄物の比率:1.0%未満

自然共生社会の構築

取り組み項目 具体的な実施項目・目標 2016年度目標 2016年度実績 評価
全般 13 森づくり活動/森林保全活動による環境社会貢献の推進
  • 社会貢献活動を通じて植樹・緑化活動の推進強化
    [植樹本数 17万本(累計本数 50万本達成)
  • NPOと連携した植樹活動の推進
  • 「森林/自然環境保全」 啓発活動・教育の推進
  1. 1.グローバル植樹活動
    ①基本計画(案)作成
    ②植樹数:7,000本
    ③各地域、外部団体調査
  2. 2.国内森づくり活動推進
    ①計画通り実施
  3. 3.オールトヨタ自然共生WG参画/連携
  1. 1.グローバル植樹活動
    ①基本計画(案)作成完了
    ②植樹数:16.000本
    ③地域・外部団体調査実施
  2. 2.国内森づくり活動推進
    ①森林整備活動:10回
    ②植樹数:200本
  3. 3.オールトヨタ自然共生WG
    ①イベント・調査協力:4回参画
    ②グループ活動情報共有

環境マネジメント

取り組み項目 具体的な実施項目・目標 2016年度目標 2016年度実績 評価
全般 14 連結環境マネジメントの強化推進
  • 2050年環境ビジョン推進の体制づくりと目標達成に向けたシナリオ・ロードマップの策定
  • 2050年環境ビジョン、2020年環境取り組みプランの公表と社内展開
  • 2050年環境ビジョン、2020年環境取り組みプランの公表と社内展開を実施し、各地域方針へのおり込み完了
  • 2050年に向けた製品・材料・工法の開発推進とめど付け実施
  • 2050年までのCO2削減ロードマップの策定
  • 開発・設計、生産技術、工場における削減シナリオの策定完了
  • 環境委員会活動の充実による環境負荷低減活動の強化
  • 異常・苦情未然防止のための相互監査実施
  • トヨタ紡織において異常・苦情未然防止のために工場間での相互監査を実施
  • 環境マネジメントシステム運用の充実による継続的改善の一層の推進
  • 2015年版ISO14001の導入に向けた、雛形マニュアル作成と、教育・運用施行の実施
  • ISO14001新規認証取得(1社)
  • 雛形マニュアルの策定と展開。各工場での運用を開始し、内部監査を完了
  • TB物流サービスでISO14001認証取得
15 化学物質管理体制の強化
  • 製品含有化学物質管理の拡大・強化
  • 製品含有VOC(アセトアルデヒド)の低減推進
  • 要因を特定し、低減技術開発へ展開
  • 環境負荷の少ない物質への代替技術開発による代替推進
  • デカBDE*7含有表皮の代替推進
  • 代替表皮の評価完了
  • 原材料、副資材などプロセスケミカルの管理体制を構築
  • 化学物質管理状況の監査を実施
  • 成分未調査の原材料・副資材が購入できないしくみ構築の監査[目標:不適合ゼロ]
  • 化学物質管理の監査を実施
  • 成分未調査の原材料・副資材が購入できない入口管理運用状況の現地確認[結果:不適合ゼロ]
16 生産活動におけるVOCの低減
  • 日常改善によるVOC低減を継続的に推進
  • VOC処理装置の導入・加工工法開発による化学物質排出量低減
日常改善活動によるVOC低減活動の推進
  • 塗装条件の最適化による塗着効率の向上
  • 低含有品および水性溶剤への切り替え
  • 塗布ガン変更による塗着効率の向上
  • VOC低含有品への変更
  • 有機溶剤から水性溶剤への切り替え
  • 作業者の技能向上による過剰塗装の低減
地域 基準年 項目 2020年目標 2016年度目標 2016年度実績 評価
トヨタ紡織(単独) 2010年度 排出量:t 10%減 577 501
17 ビジネスパートナーと連携した環境活動の推進(サプライヤー)
  • サプライヤーとの連携を強化し環境活動を推進
  • 気候変動、水、資源循環、自然共生社会構築の連携
  • ISO14001またはそれに準ずる認証の取得済み取引先の認証継続(対象29社)
  • 計画通り認証継続(29社/29社)
18 製品開発における環境マネジメントの推進
  • 開発、設計段階におけるライフサイクルでの目標管理のしくみ構築と環境負荷低減活動の推進
  • モデル製品でのLCA*8算出
  • 主要製品のLCA算出を完了
19 環境保全活動を未来へ伝える環境教育の強化
  • NPOと連携した「環境セミナー」開催による活動の波及
  • NPOとの連携開始
  • NPOとの連携方法検討完了
  • 出前教育(地域学校のニーズに合わせたオーダーメイド教育)の継続実施
  • 出前教育実施(2校)
  • 出前教育実施(2校)(テーマ:地球温暖化・資源・水)
20 環境情報の積極的開示によるステークホルダーとのコミュニケーション活動の充実
  • 社内報/講演会/説明会を通じ、取り組み内容の全社員への周知
  • トヨタ紡織レポート発行ほか 環境情報提供の一層の充実
  • 環境評価機関への積極的な情報開示とコミュニケーション活動の充実
  • 環境情報集約のしくみ検討
  • 環境特設サイト公開
  • 社内環境情報集約のしくみ検討、一部試行開始
  • 環境特設サイト検討完了
  • *7 Deca Bromo Diphenyl Ether: デカブロモジフェニルエーテル(難燃剤)
  • *8 Life Cycle Assessment:原材料から製品がつくられ、廃棄されるまでの間に、環境に与える環境負荷を総合的に評価すること