CSR情報 Social Activities

2025年環境取り組みプラン

トヨタ紡織グループは、環境問題に対して長期的な視野を持ち、より高いレベルでの挑戦が必要と考え、2016年5月に「2050年環境ビジョン」を策定し、事業活動でのCO2排出量ゼロチャレンジをはじめ、2050年に向けて成し遂げるべき6つの環境チャレンジ目標を設定しました。
また、「2050年環境ビジョン」を実現するために、新たな5カ年実行計画である「2025年環境取り組みプラン」を策定しました。

2050年環境ビジョンと2025年環境取り組みプラン

:トヨタ紡織グループ :トヨタ紡織)
  「2050年環境ビジョン」
6つの環境チャレンジ目標
「2025年環境取り組みプラン」 関連する
SDGs
取り組み項目 目標値
気候変動

1 トヨタ紡織グループ CO2排出量ゼロにチャレンジ

日常改善によるCO2排出量のミニマム化 CO2排出量
2013年度比 25%減
ものづくりにおける最先端・革新的技術の開発・導入
各地域、国の政策に合わせた再生可能エネルギー導入シナリオ策定と導入加速 再エネ導入率 15%
自社における次世代エネルギーの活用可能性調査と中長期での活用めど付け

2 ライフサイクル CO2排出量ゼロにチャレンジ

トップクラスの燃費性能に貢献する製品開発
  • 新型車への軽量化織り込み製品の計画・実績確認
  • 新型車への軽量化以外の織り込み製品の計画・実績確認
次世代自動車に対応した製品開発の推進
バイオマスを活用した製品開発と製品化拡大
物流活動における効率的な物流の追求によるCO2排出量の低減 物流CO2排出量
2011年度比 14%減
水不足

3 トヨタ紡織グループ 生産工程 水リサイクル化による排出ゼロにチャレンジ

水レス、水リサイクル技術の開発による排出量の低減 水使用原単位
2013年度比 6%減
天然資源枯渇

4 天然資源 使用量ミニマム化にチャレンジ

バイオマス活用、リサイクル技術開発による枯渇資源の使用量低減
  • 2030年に向けた非石油材、再生材料使用量の目標値設定と製品化シナリオ策定
  • 植物由来材料の活用を加速する研究推進

5 トヨタ紡織グループ 廃棄物ミニマム化にチャレンジ

生産活動における廃棄物ミニマム化の推進 廃棄物原単位
2011年度比 14%減
物流活動における梱包包装資材の低減と資源の有効利用
生物多様性危機

6 森づくり活動 132万本植樹にチャレンジ

地域、グローバルにつなぐ森林保全/生物多様性保全活動の推進 植樹本数 14万本
(累計本数 64万本)
マネジメント

マネジメント

連結環境マネジメントの強化推進
化学物質管理体制の強化
生産活動におけるVOC*の低減
ビジネスパートナーと連携した環境活動の推進
製品開発における環境マネジメントの推進
環境保全活動を未来へ伝える環境教育の強化
環境情報の積極的開示によるステークホルダーとのコミュニケーション活動の充実

* Volatile Organic Compounds:揮発性有機化合物(環境省指定の100物質を対象)