Company 企業情報

持続可能な成長に向けた取り組み

創業時から、私たちが脈々と受け継いできた、3つの強み「人づくり」「モノづくり」「技術開発」。
これらの強みは、トヨタ紡織グループの価値創造を支える事業活動(ビジネスモデル)の基盤となり、当社のコア事業であるシート、内外装、ユニット部品事業での地位を確立してきました。
しかし、CASEの伸展やMaaSといった新しいトレンドへの対応など、事業環境は著しく変化しています。
私たちは、この世の中の変化をチャンスととらえ、これまでの延長線上にはない新たな視点で課題に取り組みます。
そしてこれからも、3つの強みをさらに磨くことで、新たな価値を生み出していきます。

トヨタ紡織グループの3つの強みとビジネスモデル

「モノづくり」は「人づくり」という考えのもと、お客さま視点での「人づくり」「モノづくり」に力を注いできました。
当社の製品は、人が直接触れるという特性があることから、人を考え、人とつながり、人に愛着を感じていただけるモノづくりを基軸に、先進的な「技術開発」で快適価値を提供し続けます。

トヨタ紡織グループの3つの強みとビジネスモデル

空間の新価値創造を主導

上質な時空間を提供する「インテリアスペースクリエイター」を目指し、先行開発の強化を図っています。

インテリアスペースクリエイター

私たちは、QUALITY OF TIME AND SPACE—すべてのモビリティーへ“上質な時空間”を提供するという、ありたい姿の実現に向け、高品質な製品をお届けするだけではなく、お客さまへサービス提供も含め、MaaSにも対応した空間の新価値を提供できる「インテリアスペースクリエイター」を目指しています。

自動運転を見据えた車室空間を提案

「インテリアスペースクリエイター」に向けたロードマップ

「インテリアスペースクリエイター」に向けたロードマップ

2030年に向けたありたい姿QUALITY OF TIME AND SPACEの実現に向けて

「人づくり」「モノづくり」「技術開発」の3つの強みとビジネスモデルをベースに、「インテリアスペースクリエイター」へ進化、モビリティーへ新たな価値を提供します。

1.コア事業での保有技術を強化し、CASEへの対応に向けた技術開発を加速
2.必要な技術を持つ企業との連携を加速
「インテリアスペースクリエイター」に向けたロードマップ