Company 企業情報

価値創造を支える事業活動

シート、内外装、ユニット部品をコア事業とし
最高のモビリティーライフを提案

自動車業界を取り巻く環境が変化する中、当社の強みである「人づくり」「モノづくり」「技術開発」を生かして、これまで以上に快適な時空間を提供し続けます。

トヨタ紡織グループの目指す「価値創造」

コア事業を持続的に拡大することにより収益性を向上し、経済的価値を生み出します。さらに、そこで培ったコア技術を生かして、提供価値の多面化と事業領域の拡大を実現し、持続可能な成長を追求します。目指すのは、これからの社会にふさわしい、新しい価値の創造です。

コア事業での価値創造

「シート」「内外装」「ユニット部品」のコア事業では、車種ごとに企画提案から生産・納入までを一貫して対応。多種多様な車種を、1車種(1プロジェクト)ずつ管理します。さらには、世界中のお客さまのニーズに合った高品質な製品を、各地域で企画から生産までを担うグローバルなモノづくり体制を整えています。

1価値を生み出すしくみ

蓄積されたノウハウや、最先端の技術開発により、世界中のエンドユーザーに対し、自動車メーカーとともに、より価値ある製品をお届けしています。また、「B to B to C」の意識、「お客さま第一」を徹底するため、GQLCを活用した品質風土の醸成など、品質向上のためのさまざまな取り組みを、サプライヤーのみなさまと一丸となってグローバルに行っています。

*1 これまでに開発したすぐれた技術や製品を、データベースである棚に入れ、次期製品開発への応用を行う
*2 Supplier Parts Tracking Team活動:チームによる外注部品生産・製造準備フォロー活動
*3 Supplier Process Improvement Activity活動:仕入先工程改善活動

2コア事業のプロジェクト管理

自動車メーカーの開発・生産スケジュールやモデルライフに合わせて、多種多様なプロジェクトが並行している中で、企画から生産までのスケジュールや原価、利益などをプロジェクトで一貫管理します。この事業ごとのプロジェクト管理を軸に、収益基盤をより強固なものにしていきます。また、各プロジェクトで改善した課題を社内で共有することで、グローバルに「人づくり」「モノづくり」「技術開発」の3つの強みを進化させ、さらなる価値を生み出します。

*4 Sport Utility Vehicle:スポーツ用多目的車

3ニーズに対応したグローバルなモノづくり

当社は、26の国と地域に107社の拠点を有し、各地域のニーズに合った開発、生産を行っています。モノづくりでは、グローバルにTPS(トヨタ生産方式)を徹底。世界中で自動車メーカーのニーズに合った高品質な製品をグローバルな拠点を活用し、ジャスト・イン・タイム*5でお届けしています。また、質の高いモノづくりを継続的に行うため、工場基本要件による現場力強化や人づくりをグローバルに行っています。

グローバル開発・生産拠点

*5 必要なモノを、必要なときに、必要なだけ生産・運搬する

これまで積み重ねてきた「人づくり」「モノづくり」「技術開発」の強みを生かし、新たな価値の創造と新事業への拡大のため、「中期経営実行計画」で「2030年を見据えた新技術・新製品の開発」「2030年を見据えたモノづくりの革新」に取り組んでいます。もっと多くのお客さまへ。

明日の社会を見据え、世界中のお客さまへ感動を織りなす
移動空間の未来を創造します。